保守的な人のデメリットや周囲に与える影響

2021年7月11日

保守的な人のデメリットや周囲に与える影響

保守的”と聴くとなんとなくネガティブなイメージがあると思いますが、実際に周りにどのような影響があるのかを意識したことはあるでしょうか。
また、それが自分に当てはまると考えている人は、どれほどいるでしょう。

今回は保守的な人のデメリットや周囲に与える影響についてお話します。

 

 

新しい考え方や技術に否定的

多くの人は、これまでの自分にない考え方や技術には懐疑的になるものです。
しかし、保守的な人はその度合いが強く、範囲も広い気がします。

実例で言えば、LINEが信用できないと言って頑なにメールでやりとりしようとする人がいました。
LINEは中国で個人情報にアクセスする業務を実施していたなど、個人情報の取り扱いが疑問視される事態があったため、使用する際は、個人情報を事細かに連携しないというような線引きは必要です。

しかし先述したように保守的な人は、メリットは認めてデメリットは自分で制限して防衛すると言った柔軟なことはせず、そもそも手を出さない。
すなわち、そのもの全体を否定してしまうケースが多いようです。

 

 

 

向上心や好奇心がないため成長しない傾向

向上心や好奇心がないため成長しない傾向

向上心や好奇心は、未知のものに対しての興味や意欲です。
向上心や好奇心が旺盛な人は、新しい考え方や技術に否定的ということはないでしょう。
どちらかといえば、保守的な人とは対極な考え方です。
保守的な人は変化を恐れ、自分の知識や能力を伸ばすことも変化なので、これも積極的には行わないとなると伸びしろは少ないと考えられます。
システム正当化現状維持バイアスが強いともいえるでしょう。

経営者や同僚の目から見ても、成長しにくい従業員や同僚は嫌ですよね。

 

関連記事→人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~低IQほど偏見、差別に走る~
     成長も学習もしない人は、コンフォートゾーン(Comfort Zone)が狭い?

 

 

 

集団の成長を妨げる可能性

保守的な人が最も嫌うことは環境が変わることです。
一般的にも環境が変わることはストレスになりますが、徐々に慣れて行きます。
しかし保守的な人は順応力が人よりないため、よりストレスを受けやすいのでしょう、環境の変化を嫌います。
これは自分の周りの環境が急速に変わることにより、未来がどうなるかが分からない恐怖や不安による防衛本能で、このような反応になるのでしょう。

自分の環境が変わることを嫌うと言う事は、当然自分の身近な家族や職場の環境が変わるのも嫌います。
それは人の入れ替わりだったり、仕事の内容や方法だったり様々です。
すると新しい事業の提案などをされたりすると、前例がないなどと理由に反対するのです。
これでは前に進みませんね。

つまり自分のみならず集団の成長よりも、自分の安心感を優先しているのです。

集団の成長を妨げることによって何が起こるか

効率が悪くなっている傾向

世の中は常に進化しています。
昔は紙に手書きしていましたが、今ではパソコンで処理する為、同じ作業を繰り返したりすることや、用紙コストが減っています。

紙媒体のデータ化も請負業者やスキャン技術も上がってきているため容易になってきていますが、いつまでも昔と同じ方法で作業をしていては効率が悪くなっている可能性があります。

コストがかかっている傾向

コストがかかっている傾向出典:https://pixabay.com/images/id-3125882/

前項で述べたように、効率が悪くなっているということは、作業時間が長いということです。
作業時間が長いということは、人件費や経費などのコストがかかっていると言うことです。
会社の経営者としては、伸び代もあまりなく時代についていけないコストがかかる人はあまり採用したいと思わないのではないでしょうか。

 

 

 

自分や周囲に変化をもたらす可能性のある人を排除する傾向

誰しも未知のことに関しては不安や恐怖はあり、自分の価値観に合わない人の事は分からないため積極的に関わろうとする人は少ないかもしれません。
しかし、保守的な人は自分の周囲に変化をもたらしそうな以下のような人物を遠ざけ、避け、酷ければ排除しようとします。

  • 新入社員などの初対面の人
  • 革新的な人
  • 優秀な人

面接官が自分よりも優秀と感じた求職者を採用しなかったり、新入社員をいびる先輩社員はこういった反応によるものもあると考えられます。
そうすることで、新入社員は会社に居づらくなって辞めてしまったり、会社はまた従業員を募集しなければならないと言う、とばっちりを受けるのです。

 

 

関連記事→当てはまるほど、逃げ癖がついているかもしれない6項目 後編
     IQが低い人によく表れる8つの特徴