すぐに仕返しをする、自分ばかり損をしていると思っている、責任転嫁をする人は被害者意識が強い人である可能性大 前編

2019年9月16日

すぐに仕返しをする、自分ばかり損をしていると思っている、責任転嫁をする人は被害者意識が強い人である可能性大

近年問題になっているあおり運転の原因は、クラクションを鳴らされたり、自分の車両の前に割り込まれたり、追い抜かれたりした仕返しであることがあります。

その他にも、自分ばかり面倒事を押し付けられる。だからたまには自分も面倒事を押し付けてもいい。
自分の仕事が失敗したのは上司のせいだ、だから自分は悪くない。
恋人に逃げられるのは子どもがいるせいだ。
など、自分を取り囲む環境で起こった悪いことすべてが、自分以外のせいだと思っている人は被害者意識が強いかもれません。

今回は、被害者意識が強いの特徴についてお話します。

 

 

自己奉仕バイアスが強い?

自己奉仕バイアスとは、成功したときは自分の手柄だと思い込み、失敗したときは自分に責任がないと思う傾向のことです。

誰しもこのような思考になるようですが、被害者意識が強い人は失敗した時の心理状態が特にこのバイアスに引っ張られるのではないでしょうか。

関連記事→人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~わたしたちを蝕むバイアスたち④~

 

 

 

他人に対しての疑心が強い

他人に対しての疑心が強い出典:https://pixabay.com/images/id-3428553/

  • 信じられる他人がいない
  • 個人情報は聞かれたくないし、話さない
  • 些細なことでも他人に裏切られたり、攻撃されたと感じる
  • ほめ言葉を言われても、嫌味か裏があるのではないかと疑ってしまう

など、どんな人も自分の敵になり得ると考え、必要以上に他人を敵視、または警戒している人です。
大人になると容易に他人を信じるのは危険とはいえ、やはり疑い過ぎるのも問題が起きます。

 

 

 

加害者は常に環境や他人

前項のような思考ぐせがあるため、何か自分に害が及ぶときは他人や環境など自分以外に原因があると考えます。
例え、自分にも責任の一端があったとしても、その部分は頭の片隅にもなく「この人にやられた…」と盲信するのです。

子供にありがちですが、子供は自分が何か他者から嫌なことをされたとき相手が100%悪いと考える傾向にあります。
例えば、後ろから押されたとするなら、押した相手が意地悪で押したんだと考えがちです。
しかし、本当は道を塞いでいて通れなかったのだとしたら、押す人も悪いですが、邪魔をした方も悪いのです。

出典:無神経だと思う人の特徴9項目 後編

例えば、SNSでたまには愚痴を言うこともあるでしょうが、その愚痴が自分のことかと確認しながら謝る人がいます。

被害者意識の強い人は、必ずこういったときに確認してきます。
そして「あなたのことじゃないよ」や「こっちこそごめんね」のような否定を待っていることが多いように思えます。
否定してもらうことで、自分への攻撃ではないと安心したいのか、または不快にさせたことに詫びを言わせたいのでしょう。

出典:めんどくさい人の18つの特徴 後編

 

 

 

自分の立場でしか物事を見られない(強い主観)

自分の立場でしか物事を見られない(強い主観)出典:https://pixabay.com/images/id-1842271/

多角的なものの見方ができる人は、そもそも被害者意識が強いと思えませんよね。
他人から迷惑をかけられても、自分も前もって対処できなかったかと考えるでしょうから一方的に他人を責められないはずです。

自分がされたことだけにしか焦点が当たっていない、つまり、自分の置かれている立場や状況でしか考えられないのが主観的です。
そのため、常に自分が正しいと考えている節があります。
厳密にはそこまで思い込んでいなくても、悪いのは常に他者ではありませんか?
自分は本当に正しいのか、間違ったことをしているのではないかと問いかけたことはありますか?

出典:客観性を身に着ける6つの方法 後編

 

ところが自分の立場でしかものを考えられない被害者意識が強い人は、近視眼的に自分の都合のいいことしか認識しないのです。
つまり、自分は棚に上げている状態です。

自分を棚に上げると言えば、以前の記事で取り上げたセルフモニタリングが低い人も、自分を客観視しにくいところは共通するところですが、自分がどう見られているかを気にしなかったり、他人をかえりみない部分は被害者意識が強い人とは違う点です。

とにかく視野が非常に狭いということです。

関連記事→相手の立場に立って考えるということ

 

 

 

 

次回『すぐに仕返しをする、自分ばかり損をしていると思っている、責任転嫁をする人は被害者意識が強い人である可能性大 後編』