執念深い!粘着質!しつこい人の特徴とは

2019年10月9日

執念深い!粘着質!しつこい人の特徴とは

しつこい人は、もう終わったことでも持ち出してきたり、他人の状況も気にせず何度も連絡してきたりと、人に迷惑をかけているにも関わらずそれが分かっていないところがあります。

今回はしつこい人の特徴についてお話します。

 

 

思い込みが激しい

『思い込みが激しい人の9つの特徴』では、思い込みが激しい人は以下のような要素を持っていると書きました。

  • 人の話を聞かない
  • 考えが偏っている
  • 違う考えを持つ他人がいることを失念している
  • ステレオタイプな考えをする傾向
  • 根拠がないのに自信満々
  • 一度結論を出すと、修正できない
  • 自分は正しいと思い込んでいる
  • 視野が狭い
  • 結論を急ぎすぎる

柔軟な考えを持つ人がしつこくなるわけはありません。
いつまでも自分の考えにとりつかれているから思い込みが激しくなるのです。

しつこい人の代表的な例がストーカーですが、彼らは被害者に愛されているはずだと思い込んでいることがあります。
それと同じようなメカニズムの脳ではないでしょうか。

そして次項に繋がります。

関連記事→ストーカー気質な人の特徴と心理
     人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~わたしたちを蝕むバイアスたち①~

 

 

何度も同じことを言う/何度も同じ行動をする

何度も同じことを言う/何度も同じ行動をする

前項でも述べていますが、いつまでも最初に刷り込まれた考えに固執し、そこから修正をかけられないため何度も同じことを言ったり、同じ行動を繰り返します。

それが、他人へ向けられるので何度も同じ言動をするしつこい人となるわけです。

関連記事→イライラするけど仕方ない?同じことを何度も言う人の心理とは?
     空気が読めない、融通が利かない、同じことを繰り返してしまう人は自閉症スペクトラム障害の可能性

 

 

引くことを知らない

しつこい人は引くことを知りません。
大人になれば「ここは引いておいた方がいいだろう」という場面は多々あると思います。
そんなときに適切に黙っていたり、行動を控える人は正常な成熟している大人です。
しかし、ときどきそういった大人の自制心・計算とは無縁で、自分の言いたいことばかり言う人がいます。

何度も同じ言動を繰り返すのは、”沈黙は金”ということを知らずに自分の衝動のままに行動しているからでしょう。

関連記事→自己中心的な人の13つの特徴
     自己中心的な性格の原因

 

 

 

話が長い

話が長い出典:https://pixabay.com/photo-238488/

何度も同じ言動を繰り返し、引くことを知らないとなれば、話が長くなることは必至です。

逆にいっても、話の長い人は同じ話を繰り返すことが多いのではないでしょうか。
話す仕事の人ではない限り、そうそう長時間同じ話題で話すことはないでしょう。
これはしつこい以外の何ものでもありません。

 

 

自分の要求ばかり押し通そうとする

『引くことを知らない』を言い換えただけですが、引くことを知らないということは自分の要求ばかり押し通そうとするということです。

これを無意識/意識的にかかわらず、自分の要求を押し通そうとするから、何度も同じ言動を繰り返し、引くことをしないのです。

また、自分の考えが正しいと強く思い込んでいるからこそ、このような行動ができるのだと考えられます。

 

Amazon


「しつこい怒り」が消えてなくなる本

楽天

「しつこい怒り」が消えてなくなる本【電子書籍】[ 石原加受子 ]