[バレンタインチョコ]モロゾフのJEWEL®―ジュエルトリュフを食べたのレビュー

[バレンタインチョコ]モロゾフのJEWEL®―ジュエルトリュフを食べたのレビュー

バレンタインが近づいてきたので、毎年恒例のチョコレビューをしますよ。
今回は、プリンで有名なモロゾフのチョコレート――JEWEL®―ジュエルトリュフを食べてみました。

 

洋酒が混ぜ込まれたボンボンショコラ ジュエルトリュフ

洋酒が混ぜ込まれたボンボンショコラ ジュエルトリュフ

長方形の箱に5つのチョコラが入っており、それぞれ風味が異なります。

マールドシャンパーニュ

シャンパンがほんのりと香ります。
あまり刺激の強くない物の方が好きな人なら、ちょうどいいと思いますよ。
個人的にはシャンパンショコラなら、ホワイトチョコの方がシャンパンが際立っていいと思います。

 

グランマルニエ

フランスのオレンジ・リキュールの一銘柄らしいですが、これは洋酒が入っておらずキャラメルのような、まったりとした味わいでした。

 

ナポレオンコニャック

この箱の中では一番お酒感があって、個人的には一番好きです。
チョコとの真逆のバランスがいいです。

 

薄型スクエアチョコ

これはプレーンのダークチョコレートで洋酒は入っていません。
口直しできたり、JEWEL®(ジュエル)シリーズの基本の味が分かります。

 

シングルモルトウィスキー

ウィスキーなので、これも結構しっかりとお酒感があり、ダークチョコとの相性はいいです。

 

今回は、モロゾフのJEWEL®(ジュエル)シリーズで、洋酒トリュフをレビューしましたが、他にもストロベリーやコーヒーなどもあってバラエティーに富んでいます。

興味がある方はこちらからどうぞ。

 

 

関連記事→[バレンタインチョコ]ラ・メゾン白金 タブレットショコラ、Bonbonya(新宿中村屋) ボンボンチョコレートレビュー
     [バレンタインチョコ]HATSUNEの厳選した5種類のお茶のショコラを食べてみた。
     コーヒーやチョコレートにも含まれる!カフェインの作用や中毒症状について