ブラック会社に接触したので、労基準監督署と需給調整事業関係業務担当窓口に通報してみた②

2020年5月27日

ブラック会社に接触したので、労基準監督署と需給調整事業関係業務担当窓口に通報してみた

前回は残業代なし、研修期間社会保険加入なしの会社について労基準監督署に話をきいたことを書きました。
今回は、求人の内容と実際の条件が違うブラック求人について、”需給調整事業関係業務担当窓口”に話をきいてみたので書いていきます。

 

 

求人内容:月給20万~25万円|社会保険完備
実際の条件:固定残業20h込み|研修2カ月間社会保険加入なし

求人内容:月給20万~25万円|社会保険完備 実際の条件:固定残業20h込み|研修2カ月間社会保険加入なし今回わたしが問い合わせた内容としては上記2点です。
そして、会社名、求人情報提供媒体、自分の名前を伝えましたが、入社したわけでなく、録音はしているものの口頭で伝えられただけなので証拠としては弱いようでした。

一番万全の状態は入社してすでに被害にあっている状態で、会社からの労働条件通知書や就業規則といった、労働条件や会社の規則が詳細に書かれている書面と求人のコピーなどがあればいいようです。

つまり、労基準監督署と同様、被害もないし対応される可能性は限りなく低いということです。

 

 

 

需給調整事業関係業務担当窓口の対応

需給調整事業関係業務担当窓口の対応出典:https://pixabay.com/images/id-1935971/

「情報があったということだけ伝えます」の繰り返し

誰に?!という感じですが、どうやら2通りあるようでした。
1つは、組織の上層部です。
上層部というか対応するかどうか情報を伝えるという感じでしょう。

2つ目は、仮にブラック求人を出している会社に接触する際に、タレコミがあったので確認させてほしいという旨の説明です。
まぁ、誰もチクっていないのに虚偽の求人を出してませんか、という問い合わせしませんしね。

マニュアル通りでしょう、こればかり繰り返していました。
また相談中「お名前を伺っていませんが」としきりに名乗れ攻撃してきたので、名乗りました。
以前にどこかのサイトで匿名よりも名乗った方が、対応する可能性が高くなるか、情報の信憑性が高いと判断されるかもしれないというような一文を目にしたので。
本当かどうかは分かりませんが。

 

質問:このような相談でこれまで対応した事例はあるか
回答:ないことはない

つまりほぼないわけね。と思わざるを得ない頼りない回答でした。
会社名、求人情報提供媒体を伝えているにもかかわらず、その求人を実際に見る様子もないし、お年寄りのグチをなだめすかしているような、のらりくらりな対応でした。

 

関連記事→ブラック企業の見分け方 求人広告編
     今どきの転職で求人掲載している中小企業に思うことや発見

 

 

というわけで、前回、今回で時間と電話代が無駄になっただけでしたが、ここで諦めてブラック会社を放置するのは、社会が成長する機会を阻害する行為だと思います。

声を上げる大切さについてお話しますので、またお付き合いいただければ幸いです。