[Kindle]iPhone端末からKindle本を削除してもストレージ空き容量が増えないときの対処法

[Kindle]iPhone端末からKindle本を削除してもストレージ空き容量が増えないときの対処法

電子書籍が普及し、Kindleアプリを使用している人も多いのではないかと思います。
iPhoneやタブレットなどの携帯端末で様々な電子書籍を読むことができますが、容量を大量に使用してしまいます。
そのため、もう読まない書籍は端末から削除して、空き容量を作り、また新たな書籍をダウンロードする、という使いかたをしているのではないでしょうか。

わたしも空き容量を増やしたいときは、端末から削除していましたが、一向に空き容量が増えなかったため、Amazonのコンテンツを削除してみました。
しかし、これも、アプリの同期も再起動も効果がありませんでした。

もし、わたしと同じ現象に悩んでいる人がいるかもしれないと思い、今回は、iPhone端末からKindle本を削除してもストレージ空き容量が増えないときの対処法についてお話します。

 

前提条件

  • iPhone8、Kindle使用
  • 「端末から削除」、「Amazonのコンテンツを削除」、アプリの同期、再起動しても効果なし

Amazonのヘルプで記載がなかったため、ネットでこのような不具合が起こっている人はいないか、対処法を紹介している記事はないかなどを調べましたが、ありませんでした。

「端末から削除」「Amazonのコンテンツを削除」の方法を知りたい方は書いている方はいるので、こちらをどうぞ。

不要になったKindle本を削除する方法(端末からの削除&本自体の削除) 

 

 

 

原因はキャッシュが残っているから

原因はキャッシュが残っているから

デジタルガジェットを持っている人なら知っているであろう、キャッシュが悪さをしていることは何となく気づけるでしょうが、ではどうやってキャッシュを消去することができるかということです。
本来なら、Kindleアプリの詳細画面などであったりしますが、iPhone8ではありませんでした。(手順:iPhoneの設定 → 一般 → iPhoneストレージ → Kindle)

ということは…最終手段の「Appを削除」しかありませんが、これは怖すぎるので、Amazonに問い合わせると、やはりキャッシュ消去か、データ消去をやってみて改善されなければ、Appleサポートにお問い合わせしてくださいと投げられました。
そして、「Appを削除」してもAmazonのコンテンツ履歴は残るかどうかが一番気になるところなのに、それについては言及されませんでした。

ふつうに考えるとiPhoneでの操作なので、APPを削除してもAmazon上の履歴は消えないだろうと思っていても、やはり不安になるものです。
万が一今まで購入した履歴が消えてしまったら、また購入しなおさなければならなくなりますから。

それでも、意を決して「Appを削除」を削除してみました!

 

 

 

Amazonのコンテンツ履歴は残ったまま、ストレージ空き容量の確保に成功!!

Amazonのコンテンツ履歴は残ったまま、ストレージ空き容量の確保に成功!!

予想通りAmazonのコンテンツ履歴は残ったままだったので、Kindleアプリをダウンロードし直しました。

すると、最初にログインを求められるのでログインし、設定も初期値に戻っています。
何より、書籍データをダウンロードし直さなくてはなりませんが、ストレージ空き容量の確保に成功しました。
スッキリです。
45GB以上あった容量が517MBになっていました。(ため込み過ぎ)

Amazonのコンテンツ履歴は残ったまま、ストレージ空き容量の確保に成功!!2

 

 

 

キャッシュ消去はAPPを削除しても大丈夫!

というわけで、ダウンロードのし直しは読みたいと思ったときにコツコツしていくということでめんどくさいですが、キャッシュ消去はAPPを削除しても問題ないことが分かりました。

勇気が持てなかった人のお役に立てれば幸いです。

関連記事→電子書籍と紙本のメリットデメリットを比較してみた