電子書籍と紙本のメリットデメリットを比較してみた

2020年4月11日

書籍 電子書籍

近年、honto、 Kindleやコミックシーモアなど電子書籍の市場はずいぶん増加しています。
パソコン、スマートフォンなどのデバイスを持っている人が多く、すぐに購入できるという利点からだと推測できます。

それでも紙本の方が読んだ満足が得られるや、ページをめくる感覚がいいという理由で紙本を選ぶ人も少なくなりません。

今回は、電子書籍と紙本のどちらにどんなメリットとデメリットがあるのかご説明します。

 

 

紙本のメリット

書籍

  • 好きなところに並べられる
  • 売ったり、寄贈したりと選択できる
  • 五感への刺激が多い
  • 書き込みが簡単
  • ページ検索が簡単
  • 人に貸す(借りる)ことが出来る
  • 目が疲れにくい

 

紙本のデメリット

  • 本の処分がめんどう
  • 痛みが早い
  • 荷物がかさばる
  • 並べる場所がいる
  • 本を購入する(届く)時間帯が限られる
  • 紙が汚れがつきやすい(お菓子の油、ハンドクリーム)
  • 仰向けに寝ころびながら読みづらい

補足すると、紙本はお菓子を食べた手で触ったり、ハンドクリームを塗った手で触ると汚れてしまいます。
わたしの場合、お菓子は大丈夫ですが、ハンドクリームを塗れないのは地味にきついことに気付きました。
ハンドクリームを塗って手袋をすればいいと思うかもしれませんが、今度はページをめくるのに不便になってしまうのです。

また、寝ころびながら本を読む人も多いと思いますが、腹ばいに寝転ぶ分には問題ないですが、横や仰向けに寝転びながら読もうとすると、照明が当たらないので文字が読みづらいですよね。
大した問題ではないですが、地味に不便さを感じました。

 

 

電子書籍のメリット

20160530-31

  • ネットさえ繋がればいつでも買える
  • ダウンロードしてすぐ読める
  • 保存が簡単
  • 場所を取らない
  • 少し価格が安い場合がある
  • 買いにくい本を買える
  • 無料作品もあるので、目に触れる機会が増える
  • 買いたい作品を探しやすい
  • 品切れがない
  • 拡大できる
  • 電子書籍のみの作品がある
  • 外出先でも読みやすい
  • お菓子を食べた手で触っても拭ける
  • 画面が光っているのでどんな体勢でも読める

関連記事→何も考えずに笑えるおすすめ漫画5選
     ゲスいけど笑えるおすすめ漫画4選
     雨の日は家で漫画三昧!おすすめ漫画をご紹介!

 

電子書籍のデメリット

  • 貸し借りできない
  • 古本で売れない
  • 見開きが読みにくい
  • サービスが終了すると読めなくなることがある
  • 端末が壊れると全て閲覧できない
  • 発売日が遅い場合がある
  • 品ぞろえが悪い
  • ブルーライトによる眼や脳へのダメージ
  • 読み飛ばしがしにくい
  • 古本購入の方が安いことがある
  • サービス会社が異なるとめんどう

関連記事→実はよく知らない?ブルーライトが心身に悪影響を及ぼす理由
     [Kindle]iPhone端末からKindle本を削除してもストレージ空き容量が増えないときの対処法

 

 

わたしは、紙本・電子書籍、どちらともいい面があって好きです。
ですが、手軽さや値段の都合から現在はもっぱら電子書籍です。

これから電子書籍に進出しようと考えている初心者の方にも、何かの足がかりになればと思います。