キャリア,ビジネス,フリーランス,心理・性格

あなたの会社に情報共有しない人はいませんか?
どうでもいい世間話はするのに、必要な報連相ほどしてこない。
上司は「報連相報連相」と口が酸っぱくなるほど言っているのに自分はしない。

いつまでたってもチームの連 ...

キャリア,心理・性格

「可愛げがある」というと、女性に向けて使う言葉と認識されていますが、もう1つ、先輩・上司から見た後輩という見方もできます。
この場合は、男性にも当てはめることができます。

可愛げがある人は、周りの人のほとんどから好 ...

キャリア,テクニック,ビジネス,ライフスタイル

あなたは普段の時間をどのように過ごしていますか。
仕事をしていると自分の時間がなかなか取れませんし、スキルアップしたくても、日々のタスクに追われて成長もなかなかできません。

一方、自分と同じように業務をこなしつつ、 ...

キャリア,テクニック,ライフスタイル,心理・性格

あなたは周囲から落ち着いて見られますか?
それとも落ち着きがないと見られますか?

社会人になると落ち着いていないように見られると、様々な不具合が生じます。
今回は落ち着いて見られない人が落ち着いて見えるよう ...

キャリア,ビジネス,ライフスタイル,健康

どんなに一生懸命働いても貧乏のまま。
残業も自由にできないため、基本給が上がらない限りは収入も上がらず、年だけ重ねていきます。
しかし、どこの会社も苦しいといっても、少なからず所得を上げていっている人もいます。 ...

キャリア,ライフスタイル,心理・性格

前回は『客観性を身に着ける6つの方法 前編』で3つの方法をお届けしました。
今回は後編として残りの3つをお送りします。

 

 

自分が間違っている場合は、苦しくても認めて改める ...

キャリア,テクニック,ライフスタイル,心理・性格

前回の『客観的は”他人の気持ちが分かる”という意味ではない。客観的の本当の意味とは?』から長々と客観性について書きましたが、わたし自身、医療機関でテストを受け、冷静で客観性に優れ、共感に少し劣ると診断されました。

キャリア,ライフスタイル,心理・性格

客観的と言うと主観的の対義の意味として使われ、自分の立場でしか物事を見られない主観とは違い、他人の立場で物事を見られると思われがちです。
しかし、自分の視点を離れたところから物事を見られることと、他人の気持ちになることは別物で ...

キャリア,ライフスタイル

前回は、30歳を越えて実感した心身の状態をお話ししました。
あくまでもわたし個人の実感です。
今回は、社会が求める30代のあり方などの実感をお話しします。

 

 

でき ...

キャリア,ライフスタイル,心理・性格

前回は『当てはまるほど、逃げ癖がついているかもしれない6項目 前編』をお送りしました。
今回は後編をお送りします。

 

 

責任、プレッシャー、疲労を感じることをしたくない