心理・性格, 病気, 脳科学

人間関係が上手くいかないのは、認知機能が低いからかもしれない

認知症は特にお年寄りが加齢によって認知機能が衰えることにより、日常生活や社会生活に支障をきたすことをいい、広く知られています。
では、認知症でない人はみんな正常な認知機能をしているということでしょうか。

答えは違い ...

ライフスタイル, 脳科学

方向音痴?よく転ぶ?空間認識能力が低いとどうなるの?

空間認識能力とは、物体のある場所・向き・大きさ・姿勢・形・速さ・物体同士の間隔などを素早く正確に認知する能力のことです。
これがあることで、危険を避けたり、周りの状況を把握することができるのですが、現代ではこの能力が低い人が多 ...

脳科学

トラウマ(PTSD)の治療に期待。記憶の消去も睡眠中にされるという研究結果

物事を覚える(記憶する)という行為は睡眠中にされるということは、聴いたことはあるでしょう。
しかし、物事を”忘れる”というのもレム睡眠時にされるということが分かりました。

今回は、記憶の消去も睡眠中にされるメカニズ ...

ライフスタイル, 健康, 心理・性格, 脳科学

音楽がもたらす効能とは

スーパー、ヘアサロン、カフェ、病院などのわたしたちの生活範囲で音楽は必ず耳にするものです。
音楽はただ退屈しのぎだけではないということは、分かるでしょうが具体的にどのような効能があるのでしょうか。

今回は音楽がもた ...

脳科学

簡単な計算すら苦手!学習障害(LD)の一つ、ディスカリキュリア(算数障害)とは

ディスカリキュリア(算数障害)とは、知的能力には問題はないのに数字や計算に関する能力が他の能力に比べて著しく低いことをいいます。
以前お話した、ディスレクシア(読字障害)とディスグラフィア(書字障害)と同じ種類で学習障害(LD ...

脳科学

文字を書くのが超苦手!学習障害(LD)の一つ、ディスグラフィア(書字障害)とは

ディスグラフィア(書字障害)とは、知的能力に問題はないのに文字を書くことが非常に困難な脳の障害です。
以前、ご紹介したディスレクシア(読字障害)と同じく学習障害(LD)の一つです。

 

今、大 ...

脳科学

学習障害(LD)の一つ、ディスレクシア(読字障害)とは

ディスレクシア(読字障害)とは、文字を正しく読むことが困難ですが、知能障害ではなく、文字の読み書きに限定した脳機能の発達に問題があるとされているため、発達障害の1種である学習障害(LD)をさら細分化したうちの1種です。

今 ...

キャリア, 心理・性格, 脳科学

ジェンダーとメカニズムと偏見

前回は『ジェンダーとメカニズムと偏見 前編』で『容姿の美しさと仕事の関係』と『女性の肌の露出について』お話しました。
今回は『女性の胸の大きさと男性』、『女性の涙と男性』についてお話します。

  ...

キャリア, 心理・性格, 脳科学

ジェンダーとメカニズムと偏見

男女平等とはいいながらも、性質上の性差というものは必ずあり、それをジェンダーという言葉で表します。

それが社会や男女間ではどのように作用しているのか調査結果をもとにご紹介します。
けっして、どちらかの性別を攻撃する ...

病気, 脳科学

トゥレット症候群かも?!ひんぱんに咳払い、鼻鳴らしなどを繰り返してしまう人の可能性的要因とは

職場、電車、公園など他人同士が一定の時間、同じ空間で過ごす場面で数秒~1分に1回の頻度で咳払い、鼻鳴らしなどを繰り返す人が意外とよくいます。

そのときたまたま風邪を引いていたり、のどに引っかかったりした人の場合は、ハンカチ ...