地球の神秘!なぜ化石はオパール化するのか

その他

地球の神秘!なぜ化石はオパール化するのか

動植物は死んでしまうとその状態や環境によっては分解や風化によって骨も残らない場合があります。
しかし、骨や歯などの状態や環境が良かった場合、長い年月を経た結果、その化石はオパール化することがあります。

今回は、動物の体の骨や歯などの固い部分の化石が美しいオパール化するのかについてお話するのと同時に、世界で発掘されたオパール化した化石をご紹介します。

 

アンモナイトの化石

アンモナイトの化石出典:https://youtu.be/_lCNAqnV0kA

 

 

イカの化石

イカの化石出典:https://youtu.be/ohZahtfd8Mo

 

樹木の化石(珪化木)

樹木の化石(珪化木)出典:http://pdphoto.org/PictureDetail.php?mat=pdef&pg=7983

 

二枚貝の化石

二枚貝の化石出典:http://www.selfcreation.net/Self_Content_opalfossil.htm

 

 

虫の化石

地球の神秘!なぜ化石はオパール化するのか出典:http://www.selfcreation.net/Self_Content_opalfossilmusi.htm

 

 

松ぼっくりの化石

松ぼっくりの化石出典:http://www.selfcreation.net/Self_Content_opalfossilrare.htm

 

 

クビナガリュウのヒレの化石

クビナガリュウのヒレの化石

出典:http://tokoro-dino.at.webry.info/200706/article_1.html

 

 

なぜ化石が宝石化するのか

わたしたち人類が地球上に現れるずっと前から、オパールの元となるケイ素が地中に堆積しており、動植物が死んで化石となったあと、または化石になっていく過程でケイ素と結びつきオパール化します。
1cmのオパールが形成されるのに約500万年かかると言われているため、現在出土されているオパール化した化石がどれほど年月がかかり希少かはお分かりかと思います。

 

 

遊色効果について

遊色効果について出典:http://www.istone.org/play-of-color.html

ご紹介した画像を見比べてもオパール化した部分がさまざまな色が光の加減で変わっています。
これを遊色効果と言いますが、この仕組みは何なのかというと、オパールは二酸化ケイ素と水が混ざり合った構造になっています。

混ざり方は個々でさまざまで、1つ1つの組織のようなものが多面体で規則正しく少しずつ隙間をあけて並び層になっています。
そこに光が差し込み、規則正しいすき間で屈折して反射することで色を変えるということなのです。
すき間がないオパールには遊色効果は生じません。

また、個体によって個々の組織の大きさが違います。

紫<青<緑<黄<オレンジ<赤

となり、組織の大きさが直径0.0003mm以上で赤になり、ほとんどは0.00025mmより小さく、赤は希少なのです。

 

関連記事→インパクトがすごい!見た目が奇妙な海の生物の生態
     癒される準備はOK?面白い動物の鳴き声動画集

 

ブライダルエステ エルセーヌ

 

参考:http://australia-now.info/archives/5014
http://kaseki-info.com/category3/entry19.html
   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB
   http://www.istone.org/play-of-color.html
   https://www.gemstory.com/jyoukyu.html

Posted by fujimoto


PAGE TOP