雰囲気がある人の特徴とは?

雰囲気がある人の特徴とは?

”雰囲気がある人”とはたまに聴くことはありますが、いまいちピンとこないのではないでしょうか。
あなたが「雰囲気があるね」と言われたとしても、褒められているのかな?と思うくらいで、どこを褒められているのかが分かりにくいと思います。
 
おそらく褒めた人もどこがどうとは分からないけれども、悪い意味ではなく他の人とは雰囲気が違うという漠然とした感覚なのでしょう。
 
今回は雰囲気がある人の特徴を具体的にあげていきます。
 
 

 
 

上品さを感じる

上品さを感じる
 
例えば、大きな口を開けてガハハと笑わず、食事のときはクチャクチャ音をならしたり、こぼしまくったりしない。
基本的には上品な行動や佇まいの人です。
姿勢がいいのもポイントが高いです。
 
 
 
 

他の人と同じことをしない

すぐに人に流されたり、常に大人数で行動する同調行動が多い人は、個性が感じられず集団に埋もれてしまいます。
雰囲気がある人は、人とは違う個性があると思われるため、行動の仕方も多くの人と同じにはならないと考えられます。
 
これが行き過ぎると変人と呼ばれるようになりますが、雰囲気のある人はそこまで振り切っていないところが特徴でしょう。
 
 
 
 
 
 
 

目立ちたがり屋ではない

目立ちたがり屋ではない
目立ちたがり屋な人は、中にはスター性を兼ねそろえている人もいますが、たいていは目立つことで他者と差別化を図ろうとしている人だと考えられます。
 
雰囲気のある人はその点、すでに差別化ができているので、目立つ必要はありません。
むしろ控えめでさえあります。
控えめだからこそ際立つ持ち味があるということですね。
 
 
 
 
 
 
 

信念がある

雰囲気のある人は、”独特の世界観””一貫した意見”などと言われる独自の信念があるのではないかと思われます。
『他の人と同じことをしない』で触れたように、他人に流されやすい人からは醸し出されない厚みがありそうな雰囲気が感じられます。
 
 
 
 
 
 
 

何かの才能を持っている可能性

何かの才能を持っている可能性
 
普通の人より何らかの才能や実力のある人は、自らが吹聴しなくても、何か秘めたものを感じるものです。
 
以前に、知能レベルが高い人は、同じように知能レベルが高い人が写真を見ただけで分かると述べましたが、そういう意味では、雰囲気のある人は何かの才能を持っているが故に、他の人とは違う空気を感じるのかもしれません。
 
しかし、それを狙ってやろうという人がいますが、それはたいていは周りから中二病に見えたりしますので要注意です。
 
 
 
 
 

 
 
ざっくりいうと、言葉では表しにくい魅力があって目を引き付けられるということでしょう。
しかし、これでは言われた人も、言っている人もよくわからない言葉だと思っていたかもしれませんが、少しでも伝わったでしょうか。
 
雰囲気があると言われた人は、素直に喜んでもいいと思いますよ。