いい年して子どもか!精神が未熟な人とはどんな人?

2018年11月3日

いい年して子どもか!精神が未熟な人とはどんな人?

精神が未熟な人は、友人関係の中にも、職場の中にも何人かいるのではないでしょうか。
また、自分の実感としても「〇歳ってもっと大人だと思ってたけど、実際は全然」と思うこともあるでしょう。

前者と後者では少し話が違うのかもしれませんが、社会で考えられる外見年齢と精神年齢に食い違いがあるというところは共通しています。

それでも、これはあまりに精神が未熟すぎて迷惑だという人はいます。
それは一体どういった特徴があるのでしょうか。

 

 

自分のことしか考えられない

一番はやはり自己中心性があげられるでしょう。
子どもの時分は触れる世界が狭いため、仕方ないと思われますがそれが大人になっても変わらないのは他人からは煙たがられます。

自己中心的な性格はさまざまな場面で発揮され、次の特徴は自己中心的な性格が起こすであろう心理状態や言動です。

他人の立場に立つことができない

社会心理学者の金政 祐司氏著の『あの人の心を読み取る 他人の心理学 (スッキリわかる!)』によると、”他人の立場に立つことができない人=対人感受性が低い”ということで、「未熟な幼い人」だといえると語っています。

共感性がないからこそ相手の立場に立つことができないのも頷けます。

関連記事→面倒ごとを押し付ける人6つの特徴 後編

 

自分を過大評価する

自分を過大評価する出典:https://pixabay.com/photo-3049551/

自分しか見えていないため、常に自分が1番です。
新入社員が何もできないにもかかわらず、自信満々であるのと同じような状況です。
このように、未熟な者が実際の自らの能力以上の評価を下す状態を『ダニング=クルーガー効果』と言います。

関連記事→能力の低い人ほど自己を過大評価!?   
     バイアスが強い=IQが低い?ナルシスト=ダニング・クルーガー効果?について考察

 

自己愛が強い(ナルシスト)

自己愛が強い(ナルシスト)他人と適切な比較ができないため本人は気づいていないケースが多そうですが、自己愛が強い人は自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティー障害)の可能性があります。

自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティー障害)の特徴の中でまるきり子供のような内容のものがあります。

  • 自分のことばかり話す(自慢話)
  • 自分は特別と思っている
  • 根拠のない自信
  • 思い通りにならないと人のせいにする
  • 自分が一番でないとダメ

上記であげた特徴は一部です。
すべて当てはまる人は自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティー障害)かもしれません。

関連記事→ナルシストになる原因は?なぜ男性に多いのか?

 

他人と本気で向き合ったことがない

他人に興味がないため、友人がいても上辺だけの付き合いだったり、関係が悪くなると言葉を尽くして和解することなく、切ってしまう場合が多いでしょう。

そうしてきたため、いい年の大人になっても信用のできる人間関係を築けず他人とすり寄せるという手法も身に着けられず、精神的に成長する機会を逃してきたのです。

関連記事→自己中心的な人の13つの特徴
     自己中心的な性格の原因

 

 

境界性人格障害

自己愛性人格障害も同じですが、親の愛情不足の状態で成長すると、身体は大きくなりますが精神が成長しきれずに大人になります。
特徴の一部としては以下です。

  • 人に見捨てられることを強く恐れ、不安を抱いている
  • ものごとを二極化で考えがち 例:正義/悪、白/黒など
  • 自分のことが分からない
  • 衝動的な行動を繰り返す

子ども番組の影響か子どもはすぐに”いいや”か”敵”かで判断します。
それは、まだ複雑な事情や相手の立場になるという見方が経験の少なさや脳が成長していないためできないからです。

物事を二極化でしか考えられない人は、この傾向にあるのではないかと考えられ、自分のことを客観的に見られないことや、衝動的であることを鑑みると、未熟な精神であることが分かります。

関連記事→ストーカー気質な人の特徴と心理
     自傷行為、見捨てられるのが怖い、二極化しやすい人は境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の可能性

 

 

すぐにカッとなる人

すぐにカッとなる人怒りっぽい人のタイプの中でも、思い通りにいかないとすぐに怒鳴ったりする、ふとした瞬間に突然キレる人です。
普通の大人は怒りを感じたとしても、衝動的な行動をしないようにストップをかけます。

精神状態によって、つもりつもって爆発する人もいるため、怒鳴る人が全て未熟な人ではないでしょうが、何かあるとすぐに怒鳴ったり、物に当たったりと衝動的な行動に出ることが多い人は、子どもが怒りに任せて暴れ出すのと同じようなものです。

関連記事→イライラを早く解放する方法6箇条 職場編

 

 

集団心理にかかりやすい

1人のときは弱気であっても、たくさんの人と一緒にいると強くなったかのような錯覚を起こします。
多数派の人がはばかっているのは、この作用が大きく、精神が未熟な人ほどこの傾向が強いと言えます。

まさに複数で1人をいじめるなどはいい例でしょう。

関連記事→人は大勢集まるとモラルや責任感がなくなる!集団心理のメカニズムとは?
    いじめっ子の心理と特徴