道を聞かれやすい人の5つの特徴

道を聞かれやすい人の5つの特徴

なぜか道を良く聞かれる人とほとんど聞かれない人がいます。
あなたは道をよく聞かれますか?
また、あなたが道を聞きたいときにどのような人に声をかけますか?

今回は道を聞かれやすい人の特徴についてお話します。

 

 

女性

女性出典:https://sirabee.com/2016/03/21/97272/

気になるアレを大調査!するニュースサイト、しらべぇでは性別、年代別道を聞かれやすい割合を発表しており、そのデータによれば特に20代~40代の女性が同じ年代の男性よりも道を聞かれやすいとなっています。

空間認識力は男性の方が優れている人が多いにも関わらず、女性の方が聞かれるということは、話しかけやすさを重視しているということですね。
ですが、女性の中でも道を聞かれやすい人とそうでない人がいます。
その違いとは何なのでしょうか。

 

 

優しそうな人

女性の中でも、キツそうな人と優しそうな人がいたら、誰でも優しそうな人の方が話しかけやすいでしょう。
このような人は道だけでなく、どんな状況でも話しかけられやすいでしょう。

 

 

近所に住んでいそうな雰囲気

近所に住んでいそうな雰囲気せっかく話しかけるのだったら道を知っていそうな人の方がいいですよね。
その土地に詳しいと言えば、近所に住んでいる人の方が詳しいはずです。
なので判断としては、ラフな格好をしていたり、荷物が少ないなどの人の方が近所に住んでいる可能性が高そうな人が選ばれる傾向にあります。

例)

  • クロックスやお洒落履きでないサンダル
  • 財布だけなど荷物が少ない
  • 犬の散歩中
  • ノーメイク
  • ジャージ
  • 食料品の買い物を持っている

 

 

きちんと答えてくれそう

せっかく声をかけたのに、説明がずさんな人だったり、無視されそうな人だと意味がありません。
派手な格好をしている人、サングラスなどをしていると怖そうな人という印象を持ってしまい答えてくれないかもと不安になってしまいますが、程よく真面目そうな人だと質問にきちんと答えてくれそうですよね。

偏見だ!と憤る人がいるかもしれませんが、人とは見た目でほとんどの物事を決めるものなのです。

 

 

時間に余裕がありそう

わりかしかっちりしたオフィスルックで早歩きをしている人を見ると、急いでいるのかな?と思って声をかけづらいと思います。
道を聞きたい人は急いでいるように見える人に声をかけても無視をされるか断られる可能性を避けるため、急いでいないようにしている人に目を付けます。

歩くのが遅い人などは時間に余裕がありそうと思われることが多いでしょう。

 

関連記事→舐められる、バカにされる人はどこに原因があるのか

 

道を聞かれる一番の要素は”怖くない”ことが重要と分かりました。
しらべぇ調べでは道をよく聞かれる人はコミュニケーション能力が高く、モテる傾向にあるとあります。
確かにご紹介した特徴からは良い人そうな雰囲気がありそうです。
しかし、急いでいるのに暇そうに見られるなどがあれば、ご自分が困るので対策する必要があるでしょう。

 

 

参考:https://sirabee.com/2016/03/21/97272/
   https://mayonez.jp/topic/7188