正義感が強い人の7つデメリット

正義感が強い人の7つデメリット

前回は『正義感が強い人の6つのメリット』で正義感が強い人の他者にとってのいいところをご紹介しました。
今回は他者にとってや当人にとってのデメリットをご紹介します。

 

 

神経質になりやすい

正義感が強い人の言動のほとんどは、良いか悪いかの判断をもとにしているところがあるため、どうしても他の人より神経質な性格と言えるでしょう。
神経質な性格は精神障害になりやすいので、できるだけゆるい気持ちでいた方が自分のためです。

 

関連記事→不安はあらゆる不安障害や精神疾患の元!不安のメカニズムと和らげる方法 前編
     サイコパスも遺伝子?!遺伝が関係するあらゆる特徴まとめ
     短気、せっかちと見られる人は嫌われるが役に立つ!

 

ストレスになりやすい

ストレスになりやすい世の中は理不尽なことであふれかえっており、良心を持たない人もそこそこいるため、自分の中の理屈や正義に沿わない行動をされると、ストレスとなりやすいと考えられます。

例えばあなたが一般的なマナーを守る人だとして、タバコの吸い殻を捨ててはいけないという決まりがあるのに、目の前で吸い殻をポイ捨てする人を見かけたとき、残念な気持ちになりませんか?

正義感が強い人がこのような現場を目撃した場合は怒りを感じる人が多いようです。
それだけにとどまらず、あらゆる場面での不正の発見に怒りを感じ、またそのその不正をただすことができないことが多いため、ストレスとなるのです。

 

関連記事→ストレス耐性が低い原因
     ストレス発散・ストレス解消は簡単なある方法でできる!

 

 

融通が利かない

人間は常に良い行いだけをして生きていけるわけではいけません。
自分の立場が悪くなったとき、ルールやモラルを無視したり人を犠牲にしたりすることも多いでしょう。
大抵の人はそんなときは「仕方ない自分の身を守るため」とわりと簡単に割り切れますが、正義感が強い人は割り切れない人が多いのです。

そのため、一時ルールやモラルを無視していれば美味い蜜を吸えるところだったのにそれが許せず突っぱねてしまい、最終的には疎まれて損をすることがあります。
他者目線からすると、ちょっと融通してくれてもいいのに、ルールにしがみついて融通が利かないヤツとなってしまうわけです。

 

関連記事→めんどくさい人の18つの特徴 後編

 

 

正義や正論を振りかざしすぎることがある

ほとんどの人間は自分には甘いので、少しの楽をしたいがために軽い気持ちで毎日少しずつルールを無視したりズルをしたりします。
それを見てきている正義感は強い人は、そんな人たちをルールを無視して他人に迷惑をかける悪い人と認識しており、なぜこんな当たり前のことも守れないのかと追及します。

前回の『論理や倫理的には正しいことの方が多い』の裏の作用です。
言っていることは正しいのですが、それだけでは人は動かず、逆に不況を買ってしまうことが多いので、言い方や表現方法の工夫が必要です。

 

 

他人に厳しい

正義感が強い人は自分に厳しいですが、他人にも厳しいです。
文字にして俯瞰的に見るといいように思うかもしれませんが、実際周りに正義感の強い人がいて、自分の行動を指摘されたら例えその人が理にかなった行動しかしていないとしても「人の行動をいちいちとあげつらって嫌なヤツ」と悪印象を持つでしょう。

元はと言えば自分が悪い行いをしているから言われるのだということを失念して、文句を言う人の人間性に問題があると思うからではないでしょうか。
これもバイアスの一種と言うことかもしれませんね。

 

 

人間関係がうまくいかないことが多い

人間関係がうまくいかないことが多いさて、先述を踏まえて見ていくと、他人の行動に怒りを持ちやすいことでストレスを抱えており、神経質で融通が利かず、正義や正論を振りかざしすぎる他人に厳しい人と親密な人間関係を築きたいと思うでしょうか。
中には、悪い人ではないから多少口うるさくても大丈夫という器の大きな人もいるかもしれませんが、ほとんど人は自分に都合が悪いところをガンガン攻めてくる都合の悪い人なため嫌と思うでしょう。

ほとんどの現代人が事なかれ主義なので波風を立てる可能性の高い人を敬遠するため、正義感の強い人は人間関係に苦労している人が多いのではないでしょうか。

 

関連記事→嫌われる人の特徴まとめ
     人を嫌いになる理由 前編
     長期的な人間関係を築くコツ6選

 

 

精神を病みやすい

今回の記事と前回の記事をさらに踏まえると、自分に厳しく常に善悪を判断して行動しているため気が休まらず、さらに他人にも厳しいため煙たがられるので、精神衛生上言い訳がありません。
どんな、症状が表れるかは個人差がありますが、前述しましたように神経質な性格傾向や二分法思考の人は精神を病みやすいため、善悪のことを考えないようにする努力が必要です。

 

 

関連記事→うつ病に関する事実まとめ
     完璧主義者の特徴と実情
     不安障害とはどんな病気?
     ルールにこだわる、他人に強要、節約生活。強迫性人格障害(強迫性パーソナリティ障害)の特徴とは

 

 

参考:https://ikejo.net/seigikan-tsuyoi-hito-18963
   http://englishkeys.org/archives/589