都会人と地方出身者の認識を考察してみた

2017年7月23日

都会人と地方出身者の認識を考察してみた

都会人と地方出身者、それぞれステレオタイプなイメージや個人による違いがあるかと思います。
あなたはそれぞれにどのようなイメージを持っていますか?
今の世の中わざわざ区別する必要はないという意見もありますが、やはり気になるところもありますよね。

今回は都会人と地方出身者のイメージや認識の違いについての比較考察をしてみました。

 

 

都会人と地方出身者のイメージ

都会人のイメージ

  • 気取っている
  • 田舎の人を見下している
  • 冷たい
  • 他人への関心が薄い
  • スタイリッシュ

など

田舎人のイメージ

  • 垢ぬけない
  • 仲間意識が強い
  • おせっかい
  • 地元愛が強い
  • 都会に憧れている/都会人に劣等感を持っている

など

一般的にはこんなところでしょうか。
これらを踏まえてそれぞれの立場での認識を解説していきます。

 

 

都会人の認識を考察

都会人の認識を考察都会人が地方出身者から見て冷たい、他人に興味がないと思われ、気取っているのは単なる育った環境による認識や文化の差でしかないと考えられます。
都市部は人口が多いため、いちいち他人に興味を持っていてはきりがありません。
人口が多いからこそ他人とかかわる機会も多く、パーソナリティスペースをお互いに侵害することによりストレスとなりやすいため、他人と関わらないこともある程度は必要だと無意識に感じているのではないでしょうか。

また、特に東京弁のアクセントが自分の方言と違うことも相まってよけいに冷たいように感じるのではないかと思われます。

地方出身者を見下すのは、個人差によるでしょう。
何代も都市部に住み続けている人の価値観や自分の周囲の環境から見て地方出身者とは違いすぎるため=ダサい、と幼い判断をする人もいるでしょう。
そしてこれが一番不毛なことですが、見下している人もまた地方出身か、親が地方出身というときです。
これに関しては後述します。

 

 

地方出身者の認識を考察

地方出身者の認識を考察個人差がありますが絶対数として、垢抜けない人が多いのは地方出身者ではないでしょうか。
垢ぬけない理由の1つに体型があります。
肥満とまではいかなくても比較的ふっくらしている人が多いです。
厚生労働省が平成18~22年の間で男性を対象に調査したところ、以下のような結果が発表されています。

1 沖縄県 45.2
2 宮崎県 44.7
3 栃木県 40.5
4 福島県 40.3
5 徳島県 40.1
6 宮城県 39.5
7 岩手県 38.7
8 北海道 38.5
9 青森県 38.0
10 高知県 37.6
出典:第2章 都道府県別の肥満及び主な生活習慣の状況

そして、気質的な特徴としておせっかいで仲間意識が強いところが、都会人とは真逆です。
これは地方は人口が少ないため自ら関わろう、助け合おうとしなければ孤立してしまうからと考えられます。
昔は集団から孤立することは身の危険あるいは死につながるので、必然的に回りの人々と協力しなければならないという習慣が根付いたのでしょう。

その習慣が、都会に出てきたときも無意識に発揮されるため、都会の人との温度差に戸惑うことになり、都会人からするとあまり仲良くもないのにおせっかいだと思われるのです。

都会人にとって不可解な部分として、地方出身者の多くは「〇〇はいいところだよ~」と地元の自慢をします。
何かの折には自分の故郷を引き合いに出してきます。
これが聴く側にとって有効な情報であればいいのですが、そうでない場合はだた張り合っているのではないかと思ってしまいます。

自慢している割には、仕事をリタイアしたあとでも都市部にとどまる人も多いのは結局は利便性を取った結果なのでしょう。

都会に憧れているか劣等感を持っているかに関しては個人によりますが、この感情が強いのは都会に出てきている人のほうが強いと思われます。
そこで前述した地方をバカにする話に戻ります。
例えば、地方出身者が就職のために東京に出てきて何年か経過すると、自分も都会人になったと錯覚するようで、久しぶりに帰省した際に地元に残った友人などにその土地を田舎だとバカにすることがあるのを聞いたことがあります。

また、親が地方出身で都会至上主義の傾向が強ければ子供にもこの思想は遺伝する可能性は高いと考えられます。
自慢したり、地元をバカにするのもこのコンプレックスが根底にあるからでしょう。
やはり、自分や親が地方出身者というところがコンプレックスなのでしょうか。

都会人が地方をバカにするというのも人によりけり思いますが、もう一つは地方出身者のコンプレックスによる被害妄想もあるとみられます。

都会人と話しているときも「田舎をバカにしてるんだろ」というネガティブな気持ちを持って接していれば、その雰囲気は察知され「これだから地方出身者は卑屈だ!」となり、お互いの偏見はより強められていくのではないかと考えます。

 

東京での就業と住まいを同時提供のTokyoDive

 

都会人と地方出身者、やはり一番大きな理由としては育ってきた文化の違いが両者の認識のゆがみを生むのではないかと考えられ、自分の育ってきた環境や文化がすべてと思わず、いろんな環境や文化があることを認識して受け入れる必要があるのではないでしょうか。