注目されたい、芝居かかっている、嘘つきな人は演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)の可能性

注目されたい、芝居かかっている、嘘つきな人は演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)の可能性

人間の心理にはある程度、他人から注目されたい欲求はありますが、しょっちゅうSNSに人の気を引くようなネガティブな投稿をする人を見かけます。
このような人を含め、注目されたいがためにセクシーな格好をして誘惑したり、頻繁に嘘をついたりする人は演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)かもしれません。
そして、しばしば周囲とトラブルを起こすことも少なくありません。

今回は演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)についてご説明しますので、ご自分が当てはならないかどうか確認してみてください。

 

 

演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)の特徴

  • 広範囲の人にも過度に注目を集めたがる
  • 自分が中心でなければ気が済まない
  • 注目を浴びるためには、作り話や自殺をほのめかしたり、騒動を起こることもある
  • 注目を得られないときは不機嫌になる
  • 外見や行動が性的に挑発的で見境がない
  • 感情表現が大げさで芝居かかっているため、真実味や説得力に欠ける
  • 仕草は大げさだが、発言内容は中身が希薄
  • 気分が頻繁に変わりやすい
  • 周囲の意見に流されやすい
  • 知り合い程度でも親密な関係だと思い込む
  • 対人関係の入れ替わりが激しい

アメリカ精神医学会の診断と統計マニュアル「DSM-5」によると、有病率は1.84%と報告されており、男女比は同じくらいだと言われていますが、目立つのは女性でしょう。

 

 

自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)との違い

自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)との違い

外見のこだわり方

演技性人格障害…注目されたいため
自己愛性人格障害…自分は特別なため

嘘をつく目的

演技性人格障害…人に注目されるため
自己愛性人格障害…人を利用するためや理想通りの自分でいるため

男女比

演技性人格障害…だいたい同じくらい
自己愛性人格障害…中年男性に多い傾向です。

対人関係

演技性人格障害…実際以上に親密に思い込む
自己愛性人格障害…コントロールできる人間をそばに置く

自己中心性

演技性人格障害…人に構ってほしい
自己愛性人格障害…自分は特別なため

 

どちらも他者からすれば有害な人ですが、演技性人格障害の方が可愛気があるかもしれません。

関連記事→自慢話、誇大妄想、共感力の欠如は自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティー障害)の可能性
     嘘つきは精神疾患と脳の働きにも原因あり?
     共感力が低い人に現れる14の事実 後編
     かなりヤバい!ナルシストに関する15の事実
     毒親の特徴②~過保護、愛情を与えない、子どもに完璧さを求める~
     親の愛情不足が原因の性格・言動や精神疾患

 

 

ICD-10の診断基準

  1. 自己の演劇化、芝居がかった態度、感情の誇張された表出。
  2. 他人や周囲から容易に影響を受ける被暗示性。
  3. 浅薄で不安定な情緒。
  4. 興奮および自分が注目の的になるような行動を持続的に追い求めること。
  5. 不適切なほど誘惑的な外見や行動をとること。
  6. 身体的魅力に過度に関心を持つこと。
  7. 関連病像として自己中心性、自分勝手、理解されたいという熱望の持続、傷つきやすい感情、および自分の欲求達成のために他人を絶えず操作する行動が含まれる。
    <含> ヒステリー性および精神幼児性パーソナリティ(障害)
    出典:演技性パーソナリティ障害

 

 

SNSではやたら「いいね!」を欲しがったり、コメントを強要したり、そのために作り話をする人は、もしかすると演技性人格障害かもしれませんので疑ってみてください。

 

参考:http://mentalsupli.com/disease/personality/histrionic/histrionic-check/
   http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f60/hpd01.html
   http://www.jikoaitaishohou.net/entry46.html
   https://www.mental-g.com/kensaku/a_gyo/a_009.html