批判や拒絶、恥をかくことを極端に恐れる人は回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)かも?

ライフスタイル, 心理・性格, 病気

批判や拒絶、恥をかくことを極端に恐れる人は回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)かも?

他人からの批判、拒絶、バカにされることなどは誰でもされたくありません。
なので、自分にとって不利な状況を避ける行動は自然と言えば自然です。
しかし、その行動によって対人関係を形成できなかったり、就職できなかったり、引きこもったりするほどになると、回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)の可能性が高くなります。

今回は回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)について詳しくお話していきます。

 

回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)とは

回避性人格障害の人は恥をかくこと、バカにされるのではないか、批判や拒絶されることを恐れるあまり交流を避けているため、周りから人間嫌いで暗くてとっつきにくいイメージを持たれがちですが、本人は社会的な交流を求めていることが多いです。
そのため、同じ孤立すると言っても他人に興味を持てないスキゾイド(シゾイド)パーソナリティ障害とは異なります。

有病率は約0.5~10%と見られ、男女差があまりないと考えられています。
発症時期は思春期から成人期早期に始まることが多いとされています。
また、同時に”うつ病”や”社交不安障害”と併発しやすいことも分かっています。

関連記事→無表情、他人に無関心、孤立を望む人はスキゾイド(シゾイド)パーソナリティ障害の可能性
     ぼっちに警告!孤独は寿命を縮めるという研究結果
     うつ病に関する事実まとめ
     サボタージュ、緘黙、先延ばしで無言の抵抗をする人は受動攻撃性パーソナリティ(人格)障害かも?
     人前が極度に苦手!社交不安障害(SAD)とはどんな病気?

 

 

回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)の特徴

回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)の特徴

  • 内気
  • 目立たないようにしている
  • 自己評価が低い
  • 批判や拒絶、恥をかくことを極端に恐れる
  • 本心では社交的な活動をしたいができない
  • 新しいことに挑戦することを躊躇してしまう
  • プレゼンや面接など、重要な場面を避けてしまう傾向
  • 他人との接触を避けた続けた末に引きこもりになってしまう
  • 傷つきやすい

関連記事→自分に自信がない人のあるあるな事実 前編
     ロック好きは自信がない?好きな音楽のジャンルで性格が分かる
     親の愛情不足が原因の性格・言動や精神疾患
     自慢話、自分の話ばかりする人の心理や精神疾患の疑いについて

 

 

ICD-10(国際疾病分類)の診断基準

  1. 持続的ですべてにわたる緊張と心配の感情。
  2. 自分が社会的に不適格である、人柄に魅力がない、あるいは他人に劣っているという確信。
  3. 社会的場面で批判されたり拒否されたりすることについての過度のとらわれ。
  4. 好かれていると確信できなければ、人と関わることに乗り気でないこと。
  5. 身体的な安全への欲求からライフスタイルに制限を加えること。批判、非難あるいは拒絶をおそれて重要な対人的接触を伴う社会的あるいは職業的活動を回避すること。
  6. 関連病像には拒絶および批判に対する過敏さが含まれる。

出典:不安性(回避性)パーソナリティ障害

 

 

 

現代は密接なコミュニケーションを特にビジネスシーンで強いられることが多いため、内気な人や不安が強い人は、この負担に耐えられないことがあるでしょう。

このパーソナリティ障害は自己評価の低さが不安や恐怖を増幅している節がありますので、まずは自己評価を高めていくところから初めて行くといいかもしれませんね。

 

 

Amazon

自信を育てる心理学 「自己評価」入門

楽天

自信を育てる心理学新装版 「自己評価」入門 [ ナサニエル・ブランデン ]

 

参考:http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f60/apd01.html
   https://h-navi.jp/column/article/35025676
   https://allabout.co.jp/gm/gc/381380/
   http://www.co-co-ro.jp/avoidant.php

Posted by fujimoto


PAGE TOP