ストイック、自分に厳しくなる5つの方法

キャリア, ライフスタイル, 心理・性格

ストイック、自分に厳しくなる5つの方法

ストイックな人、自分に厳しい人は常に何かに挑戦し、何かを成し遂げているイメージがあります。
自分に甘い人はそんなストイックな人を遠目で見て「いいな~」と羨んでいるだけではありませんか?

この記事では自分に甘い人が自分に厳しく、ストイックになる方法をご紹介しておりますが、うつ病など自分を追い込みやすい人にはおすめできません。

 

人に手伝ってもらおうとせず、自分一人でしようという意識を持つ

自分に甘い人の精神でありがちなのは、「途中ですぐに諦める」「他人に手伝ってもらう、または丸投げする」など自立心や責任感がないことです。
まずは自分一人で成し遂げることを意識しましょう。

 

関連記事→ぼっちとは違う?一匹狼の心理
     やる気がなさそうに見える人8つの特徴
     フリーランサーになる心構え10条 前編

 

社会のルールや約束、期日は確実に守る

社会のルールや約束、期日は確実に守る
ビジネスパーソンにおいて、社会のルールや約束、期日を守らなければ今後の仕事に支障をきたす可能性が高いです。
例えば、上司から明日までの仕事を振られて了承すれば、明日までに仕事の遂行を目指し、そのための努力をします。
自分がやると言ったからにはその責任を取るのが自分に厳しい人です。

また、道端のポイ捨てなどのルール違反に関しても、「自分一人くらい大丈夫だろう」などという考えは捨て、「自分のポイ捨てを見て誰かがマネをしたら、ポイ捨てが増える」と考えましょう。

 

関連記事→フリーランサーになる心構え10条 後編
     お金が貯まる行動、貯まらない行動の特徴 後編
     フリーランサー(個人事業主)に向いていない人の5つの特徴

 

人の振り見て我が振り直せ

世の中にはルールやマナーを守れない人たちがいますが、そんな人を見たとき批判するのではなく、反面教師として自分を顧みるのです。「自分はこんなことはしていないかな?しているかもしれないから、しないように心がけよう」

これにより、自分を律する意識が強化されます。

 

関連記事→能力の低い人ほど自己を過大評価!?

 

 

完璧主義の「自己指向型」を目指す

完璧主義には3つのタイプに分けられ、その中の1つに自己指向型というタイプがあります。
どのようなタイプなのかは次の通りです。

自分に求めるレベルがかなり高く、何に対しても完璧であろうとして努力しているタイプです。
3つのタイプの中で唯一、他者を助け役立とうと行動し、積極的に人と関わろうと行動します。
出典:完璧主義者の特徴と実情

完璧主義者になれというわけでなく、あくまで”目指す”です。
手本にする程度です。
これにより物事の意識が高く保たれるでしょう。

 

関連記事→不安障害とはどんな病気?
     潔癖症やこだわりすぎるのも病気だった!強迫性障害(OCD)とはどんな病気なのか
     かなりヤバい!ナルシストに関する15の事実
     短気、せっかちと見られる人は嫌われるが役に立つ!
     判断や決断が遅いことが原因?!グズな人のタイプ別特徴と克服法

 

 

自分の力量を客観的につかんでおく

自分の力量を客観的につかんでおく
一人で成し遂げる意識を持とうと指摘しましたが、一人でできることの限界はすぐにやってくるので、自分の力量をはからずに何でも抱え込もうとするのは無謀です。

発言に責任を持つことは自分の力量をしっかり把握しておかなければできないため、きちんと把握した上で、自分ができることの少し広い範囲までを一人で責任を持つようにすれば。

 

関連記事→詰めが甘い人の6つの特徴
     配慮ができる人の7つの特徴
     器が大きい人の特徴 前編
     ぽっちゃりさんへおくる。痩せやすい体質と効率的な1日を手に入れる独自の生活習慣 前編

 

 

 

ストイックな人は生真面目でで理想が高い性格の傾向がありますが、自分に甘い人に真面目になれと言っても難しいですよね。
なので、精神的に引き締める必要があります。

最初はいまいち理解しがたい思考や精神状態かと思いますが、まずは「自分一人で成し遂げる」と「ルールや約束、期日は必ず守る」ことから始めてみると、自分に厳しくすることに慣れていくかもしれません。

Posted by fujimoto


PAGE TOP