自分に自信がない人のあるあるな事実 前編

ライフスタイル, 心理・性格

自分に自信がない人のあるあるな事実

自分に自信がない人は弱気な言動が目立つ人もいますが、一方ではそうと分からないほど、他人に対して何らかの攻撃的な言動をして場合も多く見かけます。
では具体的に自分に自信がない人は、日頃どんな心理・言動なのでしょうか。

 

 

攻撃的な言動

嫌味っぽい

  • 外見にコンプレックスがある
  • 人に好かれない性格
  • 仕事で評価されない

など、自分に自信がないため、真っ向から相手の悪いところを指摘する度胸もありません。
その結果、人をこき下ろすことで、自信の持てない心のモヤモヤを紛らわそうとしているのです。
出典:嫌味を言う人の8つの心理

余計な一言をいいがち

自分に自信がないがために、無意識に相手より優位になりたいと思います。嫉妬心が強いのもこのタイプです。
褒め言葉からもさりげなく余計な一言を挟みます。

例)
A「Bさんってかわいいよねー」
B「いやいや…」
C「目が大きいからねー」
全「…」

Cさんのような表現だと可愛い要素は”目が大きい”というところにしかないような言い方ですね。
嫉妬心からの余計な一言になるでしょう。

(中略) このタイプの人は、自己顕示欲や嫉妬からわざと、あるいは無意識にディスるクセがあります。
出典:ディスるなど余計な一言をいう人の特徴・心理と対策

 

ストーカー気質

ストーカー気質の人の特徴の1つに”自分に自信がない”が挙げられます。
自身がないからこそ好意を持つ相手を見張り、束縛したり嫉妬したりします。

 

関連記事→ストーカー気質な人の特徴と心理

 

バカにする

バカにする
人をバカにする人は自分に自信がなく、自己防衛のために他人の粗を見つけてはバカにすることで相手をこき下ろし、相対的に自分の位置を上げようとしています。
何でもかんでも、このような行動に出る人は、本当は自分に自信がないかわいそうな人なのです。

 

嫉妬心が強い傾向

嫉妬心が強い人は、今までの人生や自分に不満を抱えている場合が多く、他人と比較して相手が自分より恵まれていると妬み、上記のような言動を含む何らかの攻撃を仕掛けることがあります。

 

関連記事→嫉妬心が強い人の特徴

 

優位に立ちたがる

  • 嫌味っぽい
  • 余計な一言をいいがち
  • 自分のことばかり話す
  • バカにする
  • 嘘つき
  • 知ったかぶりをする

前述の言動から鑑みるに相手より優位に立ちたがっているのが見て取れます。
自分に自信がなく、自信を持ちたいために優位な立場にいたいのです。

 

 

 

内容によっては攻撃的になる言動

自分のことばかり話す

自分のことばかり話す

ある調査で、会話やメールなどの様々な場面の中、”わたし”などの自分を指す一人称を使っているかを複数のテストで調べたところ、不安症(不安障害)の人ほど、一人称を使う頻度が高かったという結果が出たそうです。

つまり、自分のことばかり話す人は「自分に自信がない」裏返しで自己を大きく見せようとしたり、かまってもらいたいという心理が働くゆえに話題に大きく偏りが出るのです。

自分に自信がない、自己評価が低い人はたいていの場合、次のような欲求が働きます。
出典:自慢話、自分の話ばかりする人の心理や精神疾患の疑いについて

嘘をつく頻度が高い

(前略)
他者に認めてほしいと過剰に思っている人は、自分に自信がない人です。
そのため心の余裕が持つことができず、以下のような特徴を持っていることがあります。

  • 僻みっぽい
  • 陰口や噂話が大好き

僻みっぽい人はすぐに他人と自分を比較したがります。
比較した上で、自分に部が悪いと思った瞬間に相手への攻撃が始まります。

その攻撃の一環として、気にくわない相手の陰口を言ったり、嘘の噂話を流したりして相手を貶め、自分の地位を上げようとしているのです。
しかし、そのようなことをしても自分の地位は決して上がりません。
出典:嘘つきの性格、行動、人相からみる特徴

ネガティブになる

マイナス思考の人は自己評価が低くく、自分に話が向いたときは「自分なんか役に立たない」と謙虚が行き過ぎた自己否定をすることが多いのです。
出典:愚痴や悪口が口癖に。ネガティブ発言が多いマイナス思考の人の特徴

他者承認欲求が強い

これは、他人から認められたいと思う欲求のことです。
他者承認はその中でも3区分に分けられます。

1.親和的承認

家族、恋人、親しい友人など、愛情と信頼の関係にある他者から、無条件に受け入れられている実感を伴う承認。「無条件」というのがキーワードで、どんなことがあっても最後は私を愛してくれているという感覚です。
出典:承認欲求コラム③ ~人は3つの分野で認められたい~

2.集団的承認

学校、サークル、職場など、自分が所属する集団のなかで、その集団にとって価値ある行動をとった時に得られる承認を意味します。例えば、サッカーをしているときにゴールを決めるとチームメートが喜んで、かけよって来てくれるでしょう。これは集団的承認の一つです。
出典:承認欲求コラム③ ~人は3つの分野で認められたい~

3.一般的承認

社会全般にわたって価値があるとみなされるような行為をしたときに得られる承認。例えば、最近ですと就職時にボランティアの体験などを聞かれたりします。このときボランティアをしていると一定の評価をする会社がありますが、これは一般的承認の一つと言えます。
出典:承認欲求コラム③ ~人は3つの分野で認められたい~

出典:承認欲求を理解して、心を満たしてあげよう 中編

 

 

 

『自分に自信がない人のあるあるな事実 後編』へ

Posted by fujimoto


PAGE TOP