[恐怖症注意]集合体恐怖症、ピエロ恐怖症って?!一風変わった恐怖症一覧!②

2018年2月2日

[恐怖症注意]集合体恐怖症、ピエロ恐怖症って?!一風変わった恐怖症一覧!

前回は『[恐怖症注意]集合体恐怖症、ピエロ恐怖症って?!一風変わった恐怖症一覧!①』で一風変わった恐怖症第1弾をお届けしました。
今回は第2弾をお届けします。

※2017年3月30日の記事に追記・編集したものです。

 

 

放射線恐怖症

放射線は、被ばくすることの恐ろしさを知識として持っているため、一般的にも恐れいる人が多いと思われます。
しかし、放射線の知識不足などによる思い込みや、過去のトラウマによってレントゲン検査や治療さえも拒み、異常に恐れて回避すると放射線恐怖症となります。

 

 

新奇恐怖症(ネオフォビア)

未知のものごとに接することを異常に恐れる症状のことです。
特に幼少時代は、入園、入学、入社を繰り返すため、かなりの心的ストレスがかかると見られます。

例)

  • 知らない人と会う
  • 知らない場所へ行く

など

 

 

子供恐怖症(ペドフォビア)

 子供恐怖症(ペドフォビア)
子どもに対して異常な恐怖心を持っていることですが、子どもとの接触だけでなく、接触を思い出させるものごとをも回避することがあります。

例)

・子供と同じ部屋や空間にいるだけで息苦しくなる

・赤ちゃんの泣き声を聞くと気持ち悪くなる

・子供とすれ違うときに恐怖を覚え動悸が異常に高まる

出典:子供恐怖症:ペドフォビアと子供嫌いは違うのか?

 

 

低所恐怖症

高所恐怖症とは真逆で、低所恐怖症は少し視点が違い、高い場所からの圧迫感に恐怖をおぼえ、常に高い場所にいなければ落ちつかないのです。

言いかえれば、低い場所から高い場所を見上げると吸い込まれると感じたり、空から何かが落ちてくるのではないかと想像してしまうようです。

ある意味では高所恐怖症よりやっかいな恐怖症と言えます。

 

 

ボタン恐怖症

ボタン恐怖症
スイッチを意味するボタンではなく、衣服についているボタンに対して強い恐怖を感じる症状です。
衣服にはボタンがついているものが多いですし、特に正式な場でスーツを着る際には必ずついているので苦労しますね。

 

 

表情恐怖症

自分の容姿に自信がないせいで、感情を表現する際に表情がひきつってしまったり、ぎこちなくなって必要以上に悩むことです。

類似の症状:笑顔恐怖症

これは笑顔に限定した症状のようです。
「笑顔がキモイ」などと言われた経験があるとこの症状でやすいと言います。

 

 

醜形恐怖症(身体醜形障害)

自分の容姿の中で、他人は気にならない特徴でも重大な欠点としてとらわれて極度に低い自己評価をしてしまうことです。

 精神科医のデビッド・ヴィール氏によれば、カメラ付き携帯の普及以来、身体醜形障害で受診する患者の3人に1人が、繰り返し自分撮りを行ない、ソーシャルメディアに投稿していたという。
出典:自分撮りを頻繁にネットに公開している男性はサイコパスの傾向あり(米研究)

醜いと感じているのに、その姿を自撮りしてSNSにアップするとは、一見、矛盾しているように思えます。

 

ニキビ集中ケアの体験エステ <エステのエルセーヌ>

 

 

美人恐怖症

前項は自分の容姿の欠点を醜いと感じる症状でしたが、全くの反対で自分ではなく、美人(第三者)に対して恐怖やストレスと感じるというものです。

この原因としては、過去に美人にトラウマを植え付けられた出来事や自分の容姿の劣等感からくるものと考えられています。

醜形恐怖症(身体醜形障害)にしても、美人恐怖症にしても異常に容姿に執着しているということですね。

 

 

巨大建造物恐怖症(巨像恐怖症、巨大恐怖症)

巨大建造物恐怖症(巨像恐怖症、巨大恐怖症)
巨大な仏像や銅像、オブジェなどに対して、異常に恐怖を感じ、実物はおろか写真を見ても目を反らしてしまう症状がでてしまいます。

原因の一説としては、恐竜が棲息していた時代、人間は恐竜と比べるとかなり小さいため、防衛本能が遺伝子として受け継がれているのではないかというものです。
また、もう一説では幼少の頃に、大人など自分より大きな人から暴力などを受けたことでトラウマとなり、大人になっても自分より大きなものに恐怖を感じるのではないかと考えられているようです。

 

 

嫌われ恐怖症

一般的な現代人にかなり多そうな嫌われることを恐れ、周りの人の顔色を窺ったり、本音や考えが言えないというものです。
これも、誰かから嫌われて嫌な目にあったというトラウマが原因と言われています。

 

文字恐怖症

先天性の障害である場合も多い言われる文字恐怖症は、その名の通り文字に恐怖を感じます。
個人によって症状は違いますので以下に例を挙げていきます。

例)

  • ゴシック体の大きなフォントの張り紙や看板が怖い
  • パソコンでの入力は可能だが読むときに恐怖を感じる
  • 書籍は覗くだけで息切れする
  • 文字を見ると、小さな虫が這っているように見えて怖い

 

 

黄色恐怖症

黄色恐怖症

集中力を発揮させる。
判断力がUPする。
記憶力を高める。
注意をうながす。
気分が明るくなる。
出典:黄色のイメージ効果と意味!黄色カラーセラピー

黄色の心理効果では上記のように刺激が強く興奮する色であるため、その刺激から恐怖を感じる人もいるのでしょう。

症状が重い場合は”黄色”という単語を聞いただけでも不快に感じることがあると言います。

 

 

汎恐怖症

日常生活は問題なく送ることができますが、その中で計り知れない悪意がどこかにあるという抽象的な恐怖に常に苛まれます。
汎恐怖症は1910年にテォデュール・アルマンド・リボーというフランスの哲学者、心理学者が学術書『The Psychology of the Emotions』に「患者が何かを恐れる状態にする」と定義したことから広まりました。

 

 

起立恐怖症

起立恐怖症
立ち上がることや歩くことに恐怖を感じる恐怖症です。
自分で何かをするには立って歩くことが必須なのにもかかわらず、その行動に恐怖を感じるのは、かなりの苦痛を伴うでしょう。
足の骨折などの怪我をした、または目撃したトラウマが原因でしょうか。

 

 

風恐怖症

人によって症状の違いが分かれてきますが、強風が吹くと恐怖症の症状が現れます。
扇風機の強風もダメなのでしょうか?

例)

  • 呼吸が荒くなる
  • 過呼吸になる
  • 息ができなくなる
  • 天気予報では毎日念入りに風速を確認する
  • 動悸が激しくなる
  • 家から出たくない
  • 台風の風で看板が落ちたところを目撃した

など

 

 

衣服恐怖症

衣服恐怖症
わたしたちがお風呂など以外のほとんどの時間身に着けている服に恐怖します。
外出時は我慢して服を着ていますが、家の中では服を着ていたくないと考える人も多いようです。

 

 

良い知らせ恐怖症

良い知らせのあとには良くないことが起こると考える悲観的な人に多い恐怖症です。
以前取り上げた『幸せ恐怖症』と似通った症状と言えます。

関連記事→[恐怖症注意]集合体恐怖症、ピエロ恐怖症って?!一風変わった恐怖症一覧!③

 

 

決断恐怖症

何らかの物事に対して決断することに恐怖心を持つことです。
人生の中で決断せずに進むことができないため日々我慢を強いられることになるでしょう。

関連記事→判断や決断が遅いことが原因?!グズな人のタイプ別特徴と克服法

 

 

帰宅恐怖症

仕事が終わっても家に帰りたくない、帰ろうとすると他の恐怖症の症状が出るというものです。
最近、女性よりも男性に増えていると言われています。
ほとんどの恐怖症の場合は幼少のトラウマが多いですが、この恐怖症は結婚後の家庭不和によるものなので珍しいケースと言えます。

そんな帰宅恐怖症に陥る家庭の特徴は以下の通りです。

患者の特徴

  • 生真面目で要領が悪い
  • もめごとが嫌いである
  • 気が弱く、大人しい
  • 無趣味

パートナーや家庭内の特徴

  • 家族にバカにされている
  • 出世や収入にうるさい
  • 家族との会話に乏しい
  • 家庭に居場所がなく気が休まらない
  • 家庭の中で無視されている
  • 気に入らないと怒鳴る

 

 

姑恐怖症

姑恐怖症
贈り物で悩んだらトゥーユー。一見の価値アリ!
姑と会う前や会話中にも症状が出ることがあり、姑との仲が良くない既婚者には多いでしょう。
年末年始、母の日、お盆、家族のだれかの誕生日などのイベントごとに憂鬱な気分になりやすいです。

 

 

料理恐怖症

料理への苦手意識から、自分の作った料理をパートナーが美味しいと思ってくれるかと不安に思うことです。
特にいまだ、女性が家族の料理を作ることが習慣化されているため女性に多い恐怖症です。

料理恐怖症にならないためには、独身のうちに料理への苦手意識を持たないよう練習しておくといいでしょう。

 

 

 

 

『[恐怖症注意]集合体恐怖症、ピエロ恐怖症って?!一風変わった恐怖症一覧!③』へ