怖そうに見える人の特徴 後編

怖そうに見える人の特徴

前回『怖そうに見える人の特徴 前編』をお送りしました。
今回は怖そうに見える人の特徴 後編をお送りします。

 

 

 

レザーのジャケットをよく着ている

レザーのジャケットも前項と系統は同じで厳つく感じます。

 


InitialG【イニシャルジー】レザージャケット レディース ライダースジャケット レザーコート 革ジャケット 革ジャン コート 防風 008-jlfs-6608(2XL ブラック )


本革ラムレザー ライダースジャケット ダブルタイプ 38(M)サイズ

 

強弱がなく淡々と話す

淡々と話す人は、何を感じて何を考えているかが読みにくいため不気味さ=怖いと感じます。

 

 

断定口調で話す

断定口調の人は常に言い切るため、意思(気)が強く自分の意見もしっかり持っていると感じさせます。

 

 

早口

早口はとにかく勢いがあります。
話の内容は大したことはなくても、普通の人ならば自分のテンポより速いと動揺してしまい、平静ではいられないことから身構えてしまします。

 

 

無口

無口な人は誰かと一緒にいても、口数が少ないためこの人がどんな考え方、嗜好を持っているのかの情報が極端に少なくなるからではないかと考えられます。
出典:何を考えているか分からない人の11の特徴

分からないと怖いと感じます。

 

 

 

声が大きい

冒頭の圧倒するという意味で、聴覚の圧迫=大きな音、声も威圧するには充分効果的です。
女性は特に「声の大きな人は怖い」と言っている人が多いことからもよく分かります。

 

 

低めの声

高い声は子ども・女性の声を連想させ、低めの声は大人の男性を連想させるため、どちらが怖いかと言うと一般的には低めの声の方が威圧感がありますね。

 

 

男性の場合

ひげ

ひげ

ひげも厳つく威圧感があります。

スキンヘッド

アメリカで髪のある人とスキンヘッドの人の写真を並べてどちらの方が怖いかと言うアンケートを実施したところ、スキンヘッドの人の方が怖いという意見が圧倒的に多かったというデータがあるようです。
出典:人から舐められない、バカにされない16の方法 後編

 

 

女性の場合

すごい美人

美人のイメージはだいたいが”きつそう”、”近寄りがたい”、”冷たい”と勝手に印象付けられてしますので、怖いと感じます。

愛嬌がない

1 にこやかで、かわいらしいこと。「―のある娘」「口もとに―がある」
2 ひょうきんで、憎めない表情・しぐさ。「―たっぷりに話す」
3 相手を喜ばせるような言葉・振る舞い。「―をふりまく」
4 (多く「御愛嬌」の形で)座に興を添えるもの。ちょっとしたサービス。座興。「ご―に一差し舞う」「これもご―。へたな歌でも一曲」
出典:goo 辞書

確かに、愛嬌の反対の要素のほとんどは前述しています。
”男は度胸、女は愛嬌”ということわざがありますが、特に女性には愛嬌がないことの悪影響が怖いにつながるんですね。

 

 

怖いとよく言われる人は、ご紹介した条件に少なくともいくつかは当てはまっているのではないでしょうか。
簡単にまとめると、”怖そう=威圧感がある”です。

反対に、威厳要素を追加したいと思っている人は、これらのうちで追加しやすいものを取り入れてみるといいかもしれませんよ。

 

 

 

関連記事→人から舐められない、バカにされない16の方法 後編
     何を考えているか分からない人の11の特徴