心的外傷後ストレス障害(PTSD)とはどんな病気?

2017年10月29日

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とはどんな病気?

PTSDはトラウマで広く知られています。
事故、暴力、天災など様々な恐ろしい体験や目撃により悪夢を見たり、思い出すものから遠ざかろうとします。

今回は心的外傷後ストレス障害(PTSD)とはどんな病気なのかについてお話します。

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とはどんな病気?

  • 虐待の被害者
  • 家庭内暴力(DV)の被害者
  • 暴力犯罪の被害者
  • 飛行機や自動車などの事故
  • 台風、竜巻、火事などの天災
  • 戦争
  • 命の危機に直面したとき
  • 上記を目撃した

その他にも状況や人によって異なりますが、共通しているのは強烈な精神的ショックがダメージとなり、時間が経過しても強い恐怖を感じるのです。
アメリカでの生涯有病率(一生のうちに一度は病気にかかる人の割合)は6.8%という調査結果が出ています。

また、心的外傷後ストレス障害と気づかない人もいるため、1ヶ月以上続く場合は疑った方がいいでしょう。

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状

  • 突然、その時の記憶が思い出す
  • 鮮明な記憶が夢に出てくる
  • 眠りが浅い
  • 危険を過度に警戒する
  • 怒りっぽくなる
  • 人に気を遣えない
  • 人を信用出来なくなった
  • 常に神経が張りつめている
  • 些細なことで驚く
  • 記憶を呼び起こす状況や場面を避ける
  • できごとから1ヶ月経過しても症状が続く

 

 

患者は脳が委縮

患者は脳が委縮-海馬

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2e/Gray739-emphasizing-hippocampus.png

アメリカの研究で、1990年にイラクで勃発した湾岸戦争で兵士として参加し、PTSDとなった一卵性双生児の片方と、PTSDに罹っていないもう一方の双生児のペアがいます。
また、戦争には行かずにPTSDになった一卵性双生児と、PTSDに罹っていないもう一方の双生児のペアで、それぞれの海馬体積を比べました。

その結果、両ペア中のPTSDの症状を表した2人では、非PTSDの2人に比べて”海馬体積が減少していた”というものでした。
このことから、海馬体積が小さいことがPTSDへの脆弱性を予想できそうであると研究者らは語っています。

 

患者は脳が委縮-前部帯状回
出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/22/Gray727_anterior_cingulate_cortex.png

日本でも精神医学の山末英典氏らは、PTSD患者は海馬だけではなく”前部帯状回の灰白質の体積も減っている”と報告しました。
さらに山末氏らは、前部帯状回の灰白質の体積が減少しているほどPTSDの重症度が高いとしました。

 

 

光フェイシャル浄化コース

 

 

参考:http://www.fuanclinic.com/med_content/ptsd_diagnosis.php
   https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1120080797.pdf
   http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_ptsd.html