思いやりがない人の8つの特徴

思いやりがない人の8つの特徴

思いやりのない性格は、どのように取り繕っても言動のはしばしに表れます。
本人がそんなことないと否定しても、他人の目はごまかせません。

では実際に思いやりがない人とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

 

人の気持ちを考えようとしない

人と良好な関係を築けない、問題のある性格に共通しているのは、共感能力の欠如です。
共感能力がないことで、他人に嫌な思いさせ、迷惑をかけることが多いのです。

共感能力も遺伝によって30~50%影響があるものと考えられているため、親に共感能力が欠如している場合はあなたも可能性があります。

 

関連記事→親の愛情不足が原因の性格・言動や精神疾患
     自慢話、自分の話ばかりする人の心理や精神疾患の疑いについて
     無神経だと思う人の特徴9項目 前編
     ソシオパス(sociopath)とはどんな人?
     経営者や役員になる人ほどサイコパスの傾向

 

 

自分のことが何が何でも最優先

自己中心的と同義で、意識が自分にしか向いていなく、他人を顧みません。

自分のことが最優先になるのは、極限の状態になれば誰でもそうかもしれませんが、日常の中でも自分の欲望を満たすことしか考えられないため、他人のことまで気が回らないのです。

 

 

周囲の状況に無関心

他人のことまで気が回らないということは、もちろん周囲の状況にも気づきにくい傾向にあります。
そのため、自分はどの立場にあるのか、どう立ち回ればスムーズにことが進むかなども考え及ばず、そんなときでも自分に都合のいい言動を繰り返します。

 

関連記事→評価の低い人の特徴9選

 

自分は動かず、他人を操ろうとする

例えば、パートナーの具合が悪いときでも、自分の夕飯の心配をし、とっとと自分だけ外食しにいき、体調不良のパートナーの世話などしません。

また、あれ取ってこれ取ってと自分が座ったまま指図する人もこれに当たります。

 

 

他人が期待に応えなければ役立たず扱い

他人を操ろうとしているということは、他人が自分のために動いてくれるという期待をしているということになります。

ですが、他人も自分の意思があり都合があります。
他人がどう動こうがその人の自由なのにもかかわらず、思いやりがない人はなぜ自分の思う通りに動かないのかと怒り、役立たず扱いをします。

 

 

どんな時も他人を自分のペースに巻き込もうとする

どんな時も他人を自分のペースに巻き込もうとする

よく話に持ち上がる、デートで歩くペースが早い男性は自分勝手だという説があります。
それと同じように食事や買い物のペースから、好みや話などを全て自分の領域に引き込もうとする人は、相手の好みやペースに合わせるのが面倒くさいので、自分に合わさせようとします。

 

 

気遣いの言葉は表面だけ/全くない

相手の体調が悪そうだったり、重い荷物を運んでいるとき普通の人であれば「大丈夫?」という声と共に実際に手助けをしようとします。
しかし思いやりのない人は、その一言がまったくないか、少し小ズルい人は「大丈夫?」と声はかけますが体は少しも動いていません。

思いやりのない人だと思われたくないから、普通の人のように労いの言葉はかけますが、まったく動く気のない動作・姿勢を見れば、ふりをしているだけだとすぐに分かります。

 

他人への推察をしない

思いやりを簡単に表すと、他人の状況・感情を推察して動くことです。
もちろん人によって出来栄えは違いますし、自分のためと他人のための割合もさまざまですが、思いやりのない人は明らかに他人のために何かしようと言う気が感じられません。

他人の至らなさは100%その人の能力や人品だと考えますが、自分の至らなさは感じないか、環境のせいと考えるタイプです。
このような認識の人は以下のバイアスが強い傾向にあると考えられます。

基本的な帰属の誤り

他人がとった行動の理由は、その人の置かれた状況や環境よりも、当人の性格にあると考える傾向。

類似:行為者・観察者バイアス

根本的な帰属の誤り

個人の行動を説明する際、その人の気質的な内面を重視しすぎて、状況的な面を軽視しすぎる傾向を言います。

出典:人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~わたしたちを蝕むバイアスたち⑤~

 

 

 

関連記事→自己中心的な人の13つの特徴 前編
     相手の立場に立って考えるということ
     気が利かない人の8つの特徴
     配慮ができる人の特徴