親の愛情不足が原因の性格・言動や精神疾患

ライフスタイル, 心理・性格

親の愛情不足が原因の性格・言動や精神疾患

親の愛情不足の影響は子どもだけでなく大人になってからの言動に大きく関わっています。
この人は何でこんなことをするのだろうと思う人はたくさんいるでしょう。

その理由の一つとして親の愛情不足であった可能性があります。
しかし、その人がどのような家庭環境で育ってきたかは他人からは分かりませんし、普通の家庭で育ち、親と子との関係が悪くなかったとしても愛情不足に陥ることもあります。
それは子どもがそう感じれば愛情不足なのです。
こういった場合は、本人でさえも気づいていないことがあります。

今回は、親の愛情不足が原因の性格・言動や精神疾患についてお話します。

 

 

親の愛情不足が原因の性格・言動

自己評価が低い

自尊感情が低くなる原因② 親の愛情不足

両親、特に母親の子どもへの愛情は子どもの性格形成に大きくかかわってきます。

出典:舐められる、バカにされる人はどこに原因があるのか

自己評価が低ければ、常に不安に駆られ、自信がなく自分を大切にできません。

関連記事→Facebook、TwitterなどSNSの投稿から表れる性格
     知ったかぶりをする人の心理

 

嫉妬心が強い

嫉妬心が強い

嫉妬心は恋愛だけではなく、人を羨む気持ちが強くなります。
愛されたいのに愛されないため、その欲求に執着してしまい、誰かに強く嫉妬する人間になるのです。

関連記事→足を引っ張る人の心理と対策
     ディスるなど余計な一言をいう人の特徴・心理と対策

 

 

攻撃的

愛情を与えられないと、不安感が強くなり攻撃的になります。
動物の習性として攻撃しようとするときは弱そうな人を無意識に選び攻撃します。
これが、いじめにもつながることが多く、加害者はほとんどの場合、幼少期や思春期のころに家庭に問題があるケースが多いのです。

 

 

他人に認めてもらうことに執着する

 

親が自分に無関心であったりすると、愛されている、気にされているという実感がなく、心が満たされません。
すると、親の代わりに自分を愛してくれる存在を探すため、他人に認めてもらおうとするのです。

出典:承認欲求を理解して、心を満たしてあげよう 中編

 

アダルトチルドレン

家庭環境により、成人しても内心的なトラウマを持ち影響を受け続ける人のことです。

アダルトチルドレン診断

 

モラルハラスメント

近年問題になっている、いわゆる”モラハラ”です。
実は親の愛情不足により、自分に価値がないという思いが強いと、心の均衡を保とうとし、自分より立場が弱い人の上に立とうとして自分の価値を高めようとします。
その手段として言葉などで他者を傷つけてしまうのです。

 

人間関係が長続きしない

親の愛情不足が与えるのは、子どもにとって悪影響でしかなく、心が成熟しきれません。

前述したこれまでの性格的特徴は、他人からすれば近づきたくない人種でしょう。
そのため良い人間関係を築くことが難しいのです。

 

 

 

 

親の愛情不足が原因で精神疾患になりやすい

依存症

依存症

精神が常に不安定なため安心感を得ようと何かに依存するようになり、依存症になるのです。
依存症は以下の3つに細分化できます。

  • 物質依存…アルコールやタバコ、薬物など
  • 行為、プロセスの依存…ギャンブル、買物、浮気など
  • 人、関係の依存…女性依存、男性依存、DV、ストーカーなど

 

愛着障害

愛着障害とは、乳幼児期に虐待などはもちろん、共働きが原因で子供が親からの愛情が不十分と感じたことで引き起こされ、次のような特徴が見られます。

  • 衝動的行動
  • 過敏行動的
  • 反抗的行動
  • 破壊的行動
  • 情愛の欠如
  • 表現能力の欠如
  • 自尊心の欠如
  • 相手に対する尊敬心の欠如
  • 責任感の欠如
  • 見知らぬ人にもベタベタする

また、愛着障害にも2種類あります。

抑制型愛着障害

周囲からは内気で大人しい印象を持たれることが多く、他者への警戒心が強くあまり人付き合いをしない傾向にあります。
ともすれば、誰とも親しい関係になれないこともあります。

脱抑制型愛着障害

周囲からは社交性のある印象が強いですが、それが過度で初対面の人にでもなれなれしい態度を取ることもあります。

そのため対人関係でトラブルが多いのはこのタイプです。

 

ソシオパス

ソシオパスとは

おもに環境要因の結果=後天性であると考えられている。この場合の要因とは、たとえば育った家庭環境が悪く、身体的・精神的虐待を受けていた、幼少期のトラウマなどである。

一般的に、ソシオパスは、サイコパスよりも衝動的で行動に一貫性がない。他者と心を通じ合わせるのが困難なのはサイコパスと同じだが、ソシオパスのなかには同じ考えを持った個人や集団に愛着を感じる者もいる。サイコパスと異なり、長期的な仕事に就くことや、世間から見て普通の家庭生活を営むことができない。

ソシオパスが犯罪を犯すときは、自らのリスクや成り行きを考慮せず、無計画で衝動的に実行する傾向がある。すぐに興奮したり激怒したり、暴力的に爆発するため、犯罪が露見し捕まる確率が高くなる。
出典:サイコパスとソシオパス(社会病質者)の違いと共通点、危険性を検証(米研究)

出典:ソシオパス(sociopath)とはどんな人?

 

 

境界性人格障害

「神経症」と「統合失調症」という2つの精神疾患の境界にある症状からこのように名付けられ、以下のような特徴があります。

  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 人に見捨てられることを強く恐れ、不安を抱いている
  • ものごとを二極化で考えがち 例:正義/悪、白/黒など
  • 強いイライラ感
  • 若い女性に多い
  • 対人関係の変動が激しい
  • 依存症になりやすい
  • いつも不幸感持っている
  • 自分のことが分からない
  • 自傷行為をしてしまう
  • 衝動的な行動を繰り返す

 

 

自己愛性人格障害

自己愛性人格障害の性質の1つとして、自分のことばかり話すという特徴があります。
自分のことばかりの中にも自慢話はもちろん含まれます。

自分のことばかりで共感能力が著しく欠けている場合は、自己愛性人格障害かもしれませんので、他の特徴が異常に強く出ていないか見てみてください。

  • 自分は特別と思っている
  • 根拠のない自信
  • バカにされることを嫌う
  • 自分像を二極化する
  • 他人の手柄を横取りする
  • 他人を出し抜こうとする
  • 期待が外れると怒る
  • 他人に無理な要求をする
  • 心理的負債感がない
  • 外見にこだわる
  • 思い通りにならないと人のせいにする
  • 自分が一番でないとダメ

出典:自慢話、自分の話ばかりする人の心理や精神疾患の疑いについて

関連記事→ナルシストになる原因は?なぜ男性に多いのか?
     めんどくさい人の18つの特徴 前編
     毒親の特徴①~子どもに虐待をする、子どもを支配する~

 

 

 

周囲となぜかトラブルばかり起きるという人は振り返ってみてください。
虐待、ネグレクト、両親の離婚や死別だけでなく、共働きで親と触れ合う時間が少ないだけで将来の人間関係に影響します。

理由はごく単純なのに、大人になってからも精神が複雑に歪められるため、深刻な場合は受診したほうが楽になるのではないでしょうか。

 

Amazon

「お母さんの愛情不足が原因」と言われたとき読む本【電子書籍】[ 曽田 照子 ]

楽天

「お母さんの愛情不足が原因」と言われたとき読む本 (中経の文庫)

 

 

参考:https://hanamirei.com/aichakusyougai/
   http://kokoromasic.com/avoidance
   http://re-colle.com/article/71504306644859457
   http://tibikko.com/akatyan/13018.html
   http://1mental-clinic.com/border/

Posted by fujimoto


PAGE TOP