IQが高い人の特徴 9項目

2016年12月29日

IQが高い人の特徴 9項目

世の中では、IQよりもEQが必要だという風潮になりつつありますが、まだまだ純粋に情報処理能力の高さを知りたいと感じる人が多いようです。

現代では学校で知能指数テストを実施しても、生徒や保護者には知らせないことが通常であるため、隠されると知りたくなる心理なのでしょうか。
今回は以前の『IQが高い人の8つの特徴』の第2弾として解説していきます。

 

 

長女/長男/一人っ子

オスロ大学のピーター?クリステンセン(次男)研究者は、18歳から20歳までの男性250,000人の知能テストを実施したところ、兄弟のうち後に生まれた子供ほどIQが低くなることを確認しました。

長男は、次男など弟たちに比べて平均的に2、3ポイントほど知能指数が高いです。ピーター?クリステンセンは、知能指数の違いは生まれた順によるのではなく先に生まれた子供に対する教育に関わるケアによるものだと説明します。
出典:兄弟の中でIQが高いのは一体誰?IQの高さは遺伝、それとも別の理由からなの?

 実は、ひとりっ子のIQや学業成績が、きょうだいのいる子供よりも高いというデータが存在します。しかしこれは、ひとりっ子かそうでないかという、子供が置かれた環境に起因するものではなく、親から受け継いだ能力の差異、つまり遺伝要因によるものとみなせます。というのも、「IQや学歴が高い親ほど、ひとりっ子を好む傾向がある」という研究結果があるからです。
 また、もうひとつのポイントは、「リソース(時間や注意)の配分」です。ひとりっ子の場合、親のリソースがより多く注がれる傾向にあるため、IQや学業成績が高くなるというものです。第1子に関しても同様で、長男・長女に親は多くのリソースを使っているのです。
出典:「長男長女は頭いい」「2番目は社会性高い」に根拠あるのか

以前、『サイコパスも遺伝子?!遺伝が関係するあらゆる特徴まとめ』でご紹介しましたが、親から子へとIQが遺伝する確率は約60%前後とされており、基本的に遺伝よりも親の子へのリソース配分によるものと考えられています。

そのため、必然的に初めての子どもである長子は、環境によってIQが高まると結論づけられています。
ただし、例外として、IQや学歴が高い親ほど一人っ子である傾向が強いとしているため、遺伝である約60%+リソース配分が高い環境によって高IQになるわけですね。

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と 256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~! ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』

 

音楽を学んでいる

 

音楽を学んでいる

トロント大学のシルベイン・モレノ準教授(心理学)が2011年に発表した48人の就学前の子供を対象にした調査結果では、音楽のレッスンを受けた子供はわずか20日間でIQが高まり、上昇率は視覚芸術の授業を受けた子供の5倍に達した。音楽の訓練は、子供の実行機能、すなわち計画を立て、体系化し、戦略を練り、問題を解決する能力を向上させることが分かった。
出典:音楽がIQを高くする―米国の学力向上策にも

脳科学者の澤口俊之氏によれば、特に4~5歳の幼少期に学んでいたかどうかがポイントで、他の楽器には触れられていませんが、ピアノ演奏は驚くほど脳にいいと語っています。

我々が幼少期で重視しているのはHQ=人間性知能(※2)なのですが、一般知能gF(※3)がHQの中心的な脳機能であるワーキングメモリ(※4)と相関します。ワーキングメモリは問題解決能力、社会性、創造性など、人生の成功に関係する全ての基礎となります。これがピアノで伸びます。
出典:今こそ音楽を!第3章 脳科学観点から~澤口俊之先生インタビュー(1)

補足として、一般知能gFは、言語性IQ・空間性IQ、行為性IQなどの個別的なIQの上位に立つIQで、これが高いということは一般にいうIQが高いと同義です。
ワーキングメモリとは、情報を一時的に保ちながら活用して答えを導く脳の働きのことです。

引用データでは主に子どもを対象に研究結果をあげていますが、別の研究では2004年に大学生が被験者として結果を出しています。

 

 

たばこを吸わない

イスラエル軍の18歳~21歳の健康な男性2万人以上を対象とした調査で、たばこを吸う人の平均IQが90であるのに対し、たばこを吸わない人の平均IQが101と高いことが分かっています。
さらにヘビースモーカーになるほどIQが低い傾向が見られたとのことです。
イスラエル軍の男性という限定的な研究ですが、たばこには血管収縮作用があるため、脳に行く血液の量を考えると、対象者を他国に変えた調査をしても似た結果になる可能性がありますね。

 

やせ型

2006年にフランスで実施された語彙テストでは、肥満型の人は44%の単語を覚えていたのに対し、やせ形では56%と多かったと結果が出ています。

以前、『IQが低い人の8つの特徴』で肥満体型の人は脳が小さいとご説明したので、上記の結果は納得がいきますが、なんと、アメリカのピッツバーグ大学が行った研究では、これとは真逆の結果が出たようです。

同年齢の痩せている女性と太っている女性のIQを比較したところ、太っている女性の方が、知能指数が高いことが分かった。

研究者たちは、1万6000人の女性を対象に、数年間にわたって、物理、数学、化学などに関するテストを行った。
その結果を体重や体型と比較したところ、太っている女性は、痩せている同年齢の女性よりも、テストの成績が著しく良かったという。

ピッツバーグ大学の研究者たちは、体重と知能指数の関係について、太っている女性の体には、より多くの有機酸が存在していることを挙げている。
出典:【科学】米ピッツバーグ大学の研究者「太っている女性は痩せている女性より知能指数が高い」

具体的なIQが出ていませんが、実際にどれくらいの開きがあるのでしょう。

 

ギリシャ型(人差し指が最も長い)の足

ギリシャ型(人差し指が最も長い)の足

出典:エジプト型・ギリシャ型・スクエア型 あなたの足はどのタイプ?

足の形には親指が最も長い”エジプト型”と、人差し指が最も長い”ギリシャ型”、親指と人差し指の長さが同じ”スクエア型”の3種類ありますが、その中でもギリシャ型の足を持つ人のIQが高いというものです。

というのも、アメリカの女性メンサ会員がブログで世界中から集まった数千人のメンサ会員がみんなサンダル履きだったため、独自に非公式調査をやってみたとのこと。
すると、驚いたことに5人に4人はギリシャ型だったと記述しています。

そこで、脳科学者でメンサ会員でもある中野信子氏が日本のメンサ会員900人の内、十数人の足を調べたところ、なんと90%がギリシャ型であったそうです。
ちょっと調べただけでこんなに偏っているのはすごいですね。
公式に調べてみてほしいです。

ちなみに日本人の足型タイプの割合は以下です。

  • エジプト型65~75%
  • ギリシャ型15~25%
  • スクエア型5~10%

アメリカでもこの比率はだいたい同じものだとされています。

 

左利き

IQが高い人の特徴 9項目

アメリカでIQの高い集団と、平均的なIQの集団の左利きの割合を比較したところ、IQの高い集団の左利きの割合は倍以上だったそうです。また、東大生の左利きの割合は20%と高いことも知られています。空間処理や数字に強く左右の脳をバランスよく使える左利きの人は、高得点を獲得できる可能性が高い人が多いのです。
出典:左利きは天才肌?天才説の根拠と嘘&有名人サウスポー50

また、左利きは新しいアイディアを生み出す創造性や、独創性がある人が多い傾向にあると言われています。

 

レクリエーションドラッグ経験者

直訳すると、”気晴らしのための麻薬”となります。
麻薬なので当然、使用してはいけないものです。
しかし2012年のイギリスの研究で、子どもの頃にIQが高かった人は成人してから麻薬に走りやすいと発表しました。

調査では、対象者のIQを5歳、10歳、16歳の時に測定。30歳になった時には過去1年間に大麻、コカイン、ヘロインなどの薬物を使ったかどうかを尋ねている。これらのデータを照合した結果、IQの高かったグループの薬物使用率は、他のグループに比べて男性で2倍、女性で3倍に上ることが分かったという。
IQは100が平均、107~158が「高い」と評価される。
出典:【心理】IQの高さと薬物乱用に相関関係?大人になってから薬物に走りやすい/英カーディフ大 (252)

日本では麻薬の使用率は低めなので、日本で調査してみると結果はかなり変わりそうです。
あくまで、イギリスの話なので手を出してはいけませんよ!

 

長身

アメリカにあるプリンストン大学の研究では、3歳頃から身長の高い子どもは認知テストにおいて優れた成績を残すと述べています。

以前に『長身の人は出世しやすいという研究結果』で書いた内容ではIQには触れていませんが、実際に知能も高いというわけなんですね。

 

怠け者(体を動かさない)

極端な結果になっていますが、これにはキチンとしたフローがあります。

学術誌「Journal of Health Psychology」に掲載されたアメリカ、フロリダ・ガルフコースト大学の研究者らの研究よると、「知的な人たちは、のんびりと時間を過ごすことが多い」としています。

なぜなら、IQが高い人たちは常に何かを考えています。今日の晩ごはんのメニューから哲学的なことまで。
思考していることで、高IQの人は自分自身の精神に刺激を与えることができるため、退屈しにくく、いつの間にか時間が経過しているというものです。
一方、思考することを習慣としていない人たちはすぐに退屈してしまいます。
そのため、自分の外へと刺激を求めて活動的になるのです。
つまり考えているより、動いている時間が長いということになります。

研究者らは”よく考える人々”と”あまり考えない人々”の30人ずつの被験者に対し、それぞれに活動を記録できる装置を身に着けてもらい、1週間どのように活動しているかを調べました。
その結果、”よく考える人々”は”あまり考えない人々”と違い、明らかに活動レベルが低かったことが判明しました。

“よく考える人々”は考え事を良くする→結論が出るまで時間がかかる→結果、活動量が低いまま1日は終わる

“あまり考えない人々”は考え事はしないため手持ち無沙汰→何かしないと退屈なので外へ出る→結果、動き回っていたので活動量が増える

 

 

中心ルート思考

中心ルート思考とは深い思慮を行う思考法です。
例えば、家を買うときに見た目の好みだけで決めてしまうのではなく、日当たりはどうか、治安はいいか、隣人の人柄はどうか、建物に欠陥はないかなど、総合的な判断を下して買おうとする思考のことです。

 

 

 

 

あなたはどれくらい当てはまりましたか?
これらの特徴は特に意識せずに生まれつきの性質であったり、生活習慣や好みをもとに統計を取ったにすぎません。
なので、後発的にまねてもIQが良くなるとは限りませんのでご注意ください。
しかし、考えることを習慣にするだけでも、変わることがあるかもしれません。