人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~わたしたちを蝕むバイアスたち①~

2017年10月3日

人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~わたしたちを蝕むバイアスたち~

前回は人間はバイアス(偏見、差別)の生き物の序章としてIQが低い人ほど偏見を持ちやすいというお話をしました。

今回は、日常生活の中からわたしたちに潜む容赦ない偏見たちを心理学に基づいてご紹介します。

 

前回のおさらい

バイアスを日本語に訳すと“偏見”“先入観”になります。

 

Amazon

自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)

楽天

自分では気づかない、ココロの盲点 本当の自分を知る練習問題80 完全版 (ブルーバックス) [ 池谷裕二 ]

 

バイアスの盲点

自分は他人よりも偏見や先入観が少ないと考えることです。
つまり、自分は偏見が少ないと思う偏見、他人の欠点はよく気づく傾向にあります。

類似:敵対的メディア効果

 

敵対的メディア効果

メディアが自分の信念に沿わない報道をすると、自分とは逆の立場に有利な方向に歪んでいると感じる傾向にあることです。

 

確証バイアス

何か自分の理論を持っていると、それを確証するような情報に注意を向けてそれを記憶していき、その理論があっていると思いこみます。
反対に、自分の理論に合わない内容は、嘘だと思いこむ傾向にあることです。

 

認知バイアス

ある対象を評価する際、自分に都合がいいように勝手に考えたり、その対象の目につきやすい特徴ばかりに気を取られて、他の特徴の評価も勝手に歪める傾向にあります。

「思ってたのと違った」は、まさに認知バイアスの影響です。

 

フレーミング効果

同じ情報でも、別の視点から見ると違った印象を受けるというものです。

例)
ある伝染病に1,000人の人間が感染した。放置すると全員が死亡する。対策案としてA案とB案が提示された。

Question1)
A案による場合、300人が助かる。
B案による場合、70%の確率で全員が死亡する。

Question2)
A案による場合、700人が死亡する。
B案による場合、30%の確率で全員が助かる。
出典:exBuzzwords用語解説

 

ギャンブラーの誤謬

コインを投げて5回投げて、その全てが裏だった場合、次は表が出るのではないかと思う傾向です。
確率的には50%で前に出た結果とは関係がありません。

 

ハロー効果

ハロー=”後光”または”威光”という意味で、ある分野に秀でている人が他の分野にも精通しているのではないかという思い込みです。

 

単純接触効果

最初は何も思っていない人でも、何度も会うことで好きになっていく傾向のことです。
隣の席で毎日挨拶しているうちに相手に好意を寄せるようになるのは、この効果によるものです。

 

プランニング効果

仕事などの作業時間やコストを少なく見積もってしまう傾向のことです。

関連記事→時間管理への一歩!計画錯誤を克服してタスクをこなす

 

購入後の正当化(購入後の理由付け)

ある商品を購入した後に、買ってよかった理由づけをして正当化し、後悔をさける傾向のことです。

類似:選択支持バイアス

 

コントラフリーローディング効果

脳は苦労せずに手に入れたものより、金銭を払ったり労働によって手に入れたものの方が価値があると思いこみます。

ある団体に所属するときに、希望すれば誰でも入会できる場合と、厳しい試練を経て仲間入りできる場合を設けます。すると、たとえ根拠のない無駄な儀式であっても何らかの入団基準があったほうが、入会後に、その団体への帰属感や愛着が強くなるのです。
出典:なぜ能力の低い人ほど自分を「過大評価」するのか

 

保守性バイアス

自分の知らない新しい事実に直面したとき、それまでの自分が持っていた理論に固執してしまい、考え方を少しずつしか変化させられない傾向を指します。

 

保守主義バイアス

自分の思い込んでいることが、間違いだと後で証拠として提示されても、たいして修正しない傾向のことです。

思い込みの激しい人は、これに当たるのでしょうね。

 

バーナム効果(曖昧効果)

誰にでも当てはまるような、曖昧で漠然よした性格の示した言葉を自分にだけ当てはまる性格だととらえてしまう現象をさします。

占いがまさにこのバーナム効果で、「あなたが繊細で傷つきやすいですね」などと言われると、その通りだと思ってしまいますよね。

類似:フォアラー効果

 

ユーモア効果

ユーモアのあることはよく覚えていられる傾向です。
文字だけより、四コマ漫画や挿絵があるだけで覚えられますよね。

 

楽観主義バイアス

人生を送る上でいい事が起こる可能性を過大評価し、事故にあうような悪いことが起こる可能性を過小評価します。

 

悲観主義バイアス

落ち込んでいるときには、さらに嫌なことが重なりそうに感じる悲観的な考えを持つ傾向です。

 

情報源の混乱

得たデータの情報源を間違って思い出す傾向にあることです。

 

ホットハンドの誤謬

調子が良いときは、この先も調子が良いのではないかと思ってしまう現象をさします。

ギャンブラーや経営者が陥るとかなり危険な状態に陥ります。

 

心理的リアクタンス

他人から強要されると抵抗したくなる心理です。
言い方ひとつで素直にきけたり、反抗したくなるのはまさにこれですね。

 

Amazon

グロービスMBA2 バイアス 意思決定に潜む罠 (ビヨンドブックス)

楽天

バイアス意思決定に潜む罠【電子書籍】[ グロービス経営大学院 ]

 

 

次回へ→