おせっかい、干渉、口出しする人の心理は?

心理・性格

おせっかい、干渉、口出しする人の心理は?

あなたの周りに、おせっかいな人、干渉する人、口出しする人はいませんか?
人のことはいちいち詮索してくるくせに自分のことは話さないというような人も少なからずいますよね。

そんな詮索や口出しされる側からすると気分が悪いことに気付かず、おせっかい、干渉、口出しする人の心理はどのようなものなのでしょうか。
パーソナルスペースと絡めてお話していきます。

 

ただの好奇心

ただ好奇心を満たしたいために聞きたがる人の場合は、ほとんど悪気や悪意があるわけではないようです。
しかし、詮索される側は気持ちのいいものではありません。

 

【美容外科求人ガイド】

 

相手のことが心配

仕事でも進め方にいちいち干渉する場合は、その人自身が実体験で困ったことを回避するために言ってくれている可能性がありますので、一概に迷惑だけとは言えませんよね。

この場合は少しウザいかもしれませんが、転ばぬ先の杖とでも思っておきましょう。

そして、ついつい心配で口出ししてしまうという人は、相手のことをもう少し信用して控えるように心がけてみてはいかがでしょう。

 

 

かまってほしい

ここからは、おせっかい、干渉、口出しする人の個人的な心理です。
本人は少しかまってほしいから話しかけているくらいに思っているかもしれませんが、相手は結構うんざりしているはずです。
かまってほしいの中でもいくつか種類があるので以下に挙げていきます。

自慢がしたい

相手に話をさせたうえで、自分の自慢話をかぶせてくるパターンです。
その自慢話がしたいがために、聴いてきたのかと思ってしまうほどです。
そのため、相手は本当の話なのか?と疑っている節もあるようです。

自分の幸福感を満たしたい

自分が幸せではないため、少しでも人と比べたがります。
自分の方が幸せだと思いたいので自慢したり、詮索したりします。

寂しい

このような人は周りからは煙たがられるので、基本は自分からからみに行くしかなく、しかも話題が人のプライベートを根掘り葉掘り聴くスタイルなので、さらに人が離れていくのです。

 

関連記事→ 承認欲求を理解して、心を満たしてあげよう 中編

      承認欲求を理解して、心を満たしてあげよう 後編 

 

 

支配したい

支配したい

相手が目下の場合、取り巻きのように支配したいと考えている可能性が高いでしょう。
「お昼どこで食べてたの?」「離席時間が長かったようだけど」とちくちく細かいところを指摘してくる人はこのような欲求が高いと考えられます。

今までの項目とは比べものにならないほど迷惑な行為です。
このような、自分の考えを押し付けて他者を操ろうとしてくる人からは、なるべく距離をおきましょう。
また、自分の言う通りにさせたいと思っている人は、自分は自分他人は他人をいう概念を身に着けましょう。

 

 

自分の考えが正しいと思っている

前項のタイプの多くは、自分の考えが正しいと思っていたり、自分は特別な人間と思っている節があり、だから、口出しをして他人を従えさせることができるんだと錯覚していることがあります。

たとえ、そこそこのキャリアを積んでいたとしても、その相手が部下や後輩でもそんな権利はないことに気付きましょう。

自分の考えだけが絶対に正しいというその考えが間違いなのです。

 

 

妨害したい

妨害したい

日本の会社組織によくある「出る杭は打つ」「足の引っ張り合い」というやつです。

とにかく、自分の上に行かせたくないのです。
確かに目下の者に抜かされるのは悔しいことですが、自分が向上しようとするのではなく相手の足を引っ張るという行動をとります。

こういった行動を取るのは、自分の方が下だと認めているようなものなので、例え妨害されたとしても無視しましょう。

 

 

パーソナルスペースを侵害していることに気付いていない

性格によってパーソナルスペースの広さが異なる

性格によってパーソナルスペースの広さが異なる

外向性と内向性

人の性格にはさまざまな特徴がありますが、外交的・内向的によってパーソナルスペースの広さが変わってくると言います。

一般的には、外交的な人はパーソナルスペースが狭く、他人が近づいてきても不快に思いにくく、また、自分自身も他人の領域に踏み込むことにためらいがない傾向にあります。
一方、内向的な人はパーソナルスペースが広く、他人に踏み込まれることに嫌悪し、踏み込むことは自分が嫌なので遠慮してしまう傾向にあります。

それにより、グループで行動することを好むのはパーソナルスペースが狭い外交タイプで、比較的距離をとるか一匹狼を好むのはパーソナルスペースが広い内向タイプだと考えられます。

あなたがグループ行動するタイプだとして、いつも一人でいるそっけない態度の人でもあなたを嫌っているわけではないかもしれません。
単に人よりパーソナルスペースが広く、干渉されたくない心が強いだけという可能性もありますので、自分の距離感で踏み込んでしまうのは逆効果です。
出典:パーソナルスペースは性格や性別によって異なる

おせっかい、干渉、口出しする人は、性格的に人よりパーソナルスペースが狭いということが考えられます。
そのため、自分の距離感で無遠慮に踏み込むことで、相手の不快だと感じる領域まで入ってしまっている可能性に気付いた方がいいでしょう。

そんなの知らないと言う人は、自分がされる側を想像しましょう。
満員電車でグイグイ押してくる人は嫌ではありませんか?
それと同じ苦痛を他者の精神に継続的に与えているということです。

また、グループで一人をいじめるという構図がよくありますね。

 

外交タイプの人が距離感を掴めていないから近づきすぎる

内向タイプが不快感を示す

感じの悪い人!仲間外れにしたれ

いじめ

というフローなのかもしれませんね…。
一方的に外交タイプが悪いということは言いきれませんが、このようなきっかけがなきにしにもあらずですよね。
人間関係難しいです。

関連記事→相手の立場に立って考えるということ
     無神経だと思う人の特徴9項目 前編
     めんどくさい人の18つの特徴 前編

 

 

いかがでしたか?
わざわざ他人に干渉してくる意味が分からなかった人は少しでも参考になれましたでしょうか。

こういった心理の話になった時に、たいていは承認欲求が満たされていない部分もあることが多いので、その承認欲求を満たすために結果的に他者に迷惑をかけていることになります。

なにしろ、無意識レベルの行為もあるので難しいでしょうが、認められたいとか他人に干渉したいと思ったら承認欲求が高まっているなと意識し、まずは自分で承認欲求を満たす方法を試してみても悪くないのではないでしょうか。

Posted by fujimoto


PAGE TOP