何も考えずに笑えるおすすめ漫画5選

ライフスタイル

何も考えずに笑えるおすすめ漫画5選

 

明るい気持ちになりたいとき 何も考えたくないとき 眠れないとき などと言うときは頭が空っぽになって楽しみたいですよね。
今回は個人的に何も考えずに笑える漫画5選をお送りします。

 

 

主に泣いてます/東村 アキコ


[まとめ買い] 主に泣いてます(モーニングコミックス)


主に泣いてます コミック 全10巻完結セット (モーニング KC)
 

絵画モデルをしている紺野泉は、あまりの美女であるがゆえに、出会う男性に惚れられ→ストーカーになったり、男性同士の彼女をめぐるトラブルに巻き込まれ、女性からは嫉妬の対象となるため、まともな職に就けないほど不自由な生活を送っていました。
そんな完璧な容姿がコンプレックスの泉は、絵画教室の生徒であるつねの手を借りて男性に惚れられないように、水木しげる作品の登場キャラのコスプレをして日々を過ごすシュールなラブコメディです。

この作品の最大の面白味は、美人が男性にモテないために珍妙なコスプレをするところで、1巻の表紙を見てお分かりのように妖怪などです。 また、普通の男性が泉によって人生を狂わされていくところも、突飛で笑えます。
美人×異常行動が好きな人はぜひ!

 

 

 

キミが好きとかありえない/あおいみつ


[まとめ買い] キミが好きとかありえない(なかよしコミックス)

主人公の小町かなでは少女漫画が大好きで、そんな恋愛をすることに憧れています。 ある日、かなでのクラスにイケメンの転校生・宮原日向がやってきて、偶然にも2人で話したときから、かなでは日向のことを好きになってしまいます。

少女漫画でのありがち設定です。
ですが、この先からがギャグの要素満載! ヒントは表紙ですでにほのめかされていますが、ここでは明記しないでおきます。一応オチなので。
興味がある人はどうぞ。

 

 

 

高嶺と花/師走ゆき


[まとめ買い] 高嶺と花(花とゆめコミックス)

社会人の姉の身代わりとしてお見合いをすることになった女子高生・野々村花。無難に終わらせるつもりだったが、見合い相手である大財閥の御曹司・才原高嶺の横柄な態度に怒って鬘を投げつけ見合いの席を立ってしまう。破談は良いにしても父親の仕事に支障が出ることを案じていたが、案に相違して高嶺からは気に入られ、連れ回されるようになる。
高嶺の大人げない態度に不快になりつつも、高嶺が姉の身代わりではなく花自身と向き合っていたことを知り、見合いを継続することになった2人。
年の差、身長差、家柄格差のある高嶺と花のラブコメディ。
出典:wikipedia

作者の方がコメントしてますが、切り返し千本ノックです。
とにかく花の皮肉り方が絶妙です。
高慢な高嶺に負けじと、パンチの効いた切り返しをJKがしている様子がかなりハマります。
自分もこれくらい気の利いた切り返しがしたいなーと思うようになりました。 恋愛色は薄目ですが、お互いを大切に思うシーンがちょくちょく表現されていて心地いい作品です。

 

 

 

ワンパンマン/ONE, 村田雄介


[まとめ買い] ワンパンマン(ジャンプコミックスDIGITAL)


ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)

 就職活動に行き詰る青年・サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。 しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。
出典:wikipedia

”最強=かっこいい”はずのサイタマがパッとせず、自分は強い、かっこいいとうぬぼれている他のヒーローの方が能書きを並べたり派手だったりします。
しかし誰も適わない怪人が現れるピンチの場面では、さらっと窮地を救ってくれるのですが、誰の目にも留まらず他のヒーローのお手柄にされます。
なのに、本人はそんなことに興味を示さないバカor大物かの異色なギャグヒーロー漫画です。

また、この漫画の魅力の1つがサイタマのギャップです。 どうでもいいところで本来?のイケメン顔をキメますが、ここはカッコつけるところでしょ?と言うところでは簡略化された表現で描かれていて笑えます。

 

 

 

ジャングルはいつもハレのちグゥ/金田一蓮十郎


[まとめ買い] ジャングルはいつもハレのちグゥ(デジタル版ガンガンコミックス)

ジャングルに住む主人公の少年「ハレ」が、正体不明の少女「グゥ」や友人・家族たちの奇行に振り回されるギャグ漫画。全体的に明るいノリだが、登場キャラクターたちにはシビアな過去を持つ者が多く、ストーリー自体はシリアスな展開のものも多い。
出典:wikipedia

奇想天外な設定、生物、人物がハチャメチャな展開に乗っかっていて大笑いできます。
個性がとがりまくっていて斬新さを求める人におすすめです。
個人的にはポクテと満田のビジュアルや設定は秀逸だと思います。

途中からは重い話も増えてきますが、何も考えたくないときは場面を選んで読めば回避できますよ。
また、舞台がジャングルから都会へ移るあたりから、タイトルが「ハレグゥ」と改名されているので要注意です。


[まとめ買い] ハレグゥ(デジタル版ガンガンコミックス)

 

 

 

どれも、考え込まずにさらさらページを送れるので、気分が落ち込み気味な人や疲れがたまっている人、夜眠れない人は頭を空っぽにできて笑える漫画でスッキリしてみてはいかがでしょうか。

Posted by fujimoto


PAGE TOP