赤ちゃんにも正義感があり、正義の味方を好むかもしれない実験結果

2017年3月22日

赤ちゃんにも正義の味方を好むかもしれない実験結果

紀元前から性善説という概念が存在します。
性善説とは、人間の生まれながらの心は基本的に”善”であるという概念のことを言います。
人間の生まれながらの心に最も近い存在と言えば赤ちゃんですが、実は正義感が分かり、正義の味方を好むのではないかという実験結果が発表されました。

 

体当たりして攻撃するアニメ動画をみせる実験

英科学誌「ネイチャー・ヒューマンビヘイビア」に発表された、京都大学の鹿子木(かなこぎ)康弘特定助教らの研究によると、”攻撃者”、”犠牲者”、”正義の味方”、”傍観者”の4種類の役割を持つキャラクターが登場するアニメ動画を作り、生後6ヶ月と10ヶ月の赤ちゃんたち計132人に見せました。

攻撃者が犠牲者に体当たりして攻撃すると、
①正義の味方が助ける
②傍観者は何もしない
を4回ずつ交互に繰り返しました。

動画の視聴後、正義の味方と傍観者のキャラクター人形を赤ちゃんの前に置き、どちらを手に取るかを調べると、生後6ヶ月の赤ちゃん20人のうち、17人が正義の味方を、3人が傍観者を選びました。
別パターンの動画を見せた実験結果も併せると、赤ちゃんはキャラクターの色の好みではなく、攻撃者から犠牲者を守る行為と理解して選んだと言えるといいます。

鹿子木氏は次のように語りました。
「人間社会が成り立つには一定程度の正義感が必要になる。人間は生まれたときから正義感の原形を備えている可能性がある」

 

ソース:http://www.asahi.com/articles/ASK102QTKK10UBQU001.html

 

正義の味方を選んだ17人と、傍観者を選んだ3人に脳波の違いがあったとかはないんでしょうか。
もし違いがあれば、サイコパスの脳の構造なのかとかも、気になるところですが、赤ちゃんの脳を調べるのは、倫理的に厳しいとかなのでしょうか。
今の段階ではまだ結論づけるのは難しそうですね。

Amazon

「正義」は決められるのか?

楽天

「正義」は決められるのか? [ トーマス・カスカート ]