梅雨の時期に、自分でできるくせ毛の広がりを抑える方法

梅雨の時期に、自分でできるくせ毛の広がりを抑える方法

そろそろ梅雨の時期、梅雨と言えばくせ毛の人にとってはうねったり、広がってまとまらなかったり、蒸し暑さと相まってイライラとしませんか?

縮毛矯正ができればいいですが、できない場合は憂鬱な季節です。

今回は、自分でできるくせ毛の広がりを抑える方法をお知らせします。

 

 

シャンプーをくせ毛用に選ぶ

1.毛穴の皮脂を取るシャンプー

毛穴の皮脂が原因で、くせ毛になっているのをご存知ですか。まっすぐに生えようとしている髪の毛の、邪魔をしているのが毛穴の皮脂です。毛穴の皮脂があることで、髪がねじれて生えてきます。これが今の日本人に最も多いくせ毛の症状です。

ですから毛穴の皮脂をしっかりと取ることで、くせ毛を減らすことができます。手っ取り早く、くせ毛を治す方法ではありませんが、くせ毛の髪質改善を考えるのであれば絶対に必要なことです。
出典:髪が広がるくせ毛を治す方法!梅雨の湿気対策を美容師がおしえちゃいます。

2.ボリュームダウンシャンプ―




しっとり系に洗いあがるシャンプーを選びましょう。

 

 

オイルタイプ or クリームタイプの洗い流さないトリートメントを使う

湿気で髪が広がってしまう原因はヘアカラーや、普段のスタイリングによってダメージを受けた部分に、汗や湿気の水分が入り込んでしまい髪がうねってしまうから。

そのため、まずはバスタイムでのダメージケアを怠らないことが大切です。保湿力の高い、ダメージケア用のアイテムを使って。
出典:美容師さんに学ぶ、梅雨時の髪の湿気対策!

オイルタイプかクリームタイプの洗い流さないトリートメントは保湿に効果的です。

 

 

お風呂あがりはすぐドライヤー乾燥

ドライヤー

お風呂から上がったとき自然乾燥させていませんか?
それは髪を傷める行為です。
いくらシャンプーやコンディショナー、ヘアケア用品を使っても、自然乾燥で意味をなくしてしまします。

すぐにドライヤーで髪を乾かしてください。

 

 

 

広がりを抑えるブローの仕方

1.ドライヤーは近づけすぎない

ドライヤーは15cmほど離して根元からかけましょう。

2.キューティクルに沿って、上から下へ乾かす

ドライヤーは根本から毛先にかけてキューティクルに沿って、髪をとかすように乾かします。ある程度乾いたら冷風に切り換えて、さらに髪の表面をとかしながらブロー。
出典:美容師さんに学ぶ、梅雨時の髪の湿気対策!

途中で冷風に切り替えるのがポイントです。

3.7割乾いたら、洗い流さないトリートメントを使ってブロー

上述のようなタイプの洗い流さないトリートメントをつけて、再度ドライヤーをかけるとクセが出にくく、まとまりやすくなります。

その際、カールブラシなどで溶かしていくと、よりまっすぐになります。

 

 

 

ダメージが気になる場合は、さらにヘアオイルをつける

洗い流さないトリートメントをつけても毛先が広がる場合は、椿油やゆず油などのヘアオイルで抑えましょう。

自宅でできるくせ毛の広がりを抑える方法は、結局は一朝一夕にはできないようです。

 

 

 

 

 

 

梅雨時期の広がりを抑えるには、日頃のダメージケアが大事ということですね。
またはいつもはつけなくても、この時期は特にオイル系で抑えるのは有効です。

プロの手を借りるのは手っ取り早いですが、ヘアサロンに行けないのであれば、ぜひ実践してみてくださいね。

ふじもとkでした!