夏と言えばアイス!アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの違いって?アイスの種類について解説

夏と言えばアイス!アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの違いって?アイスの種類について解説

アイスが美味しい季節になりました。
一口にアイスと言っても「アイスクリーム」だけではないことは薄々気づいている人いるでしょう。
しかし、アイスクリームとアイスミルクなどの違いについて分かるでしょうか?

今回は、今まで考えたことはなかったけど、言われていみれば知らなかったアイスの種類について解説します。

 

 

アイスの”定義”と”成分規格”は食品衛生法に基づいている

消費者の感覚では、乳製品が使われているか、いないかでアイスクリームかそうでないかで別れていると考えてられがちですが、実はもっと厳密に「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められています。

では、どのような種類に別れるのでしょうか。

 

 

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上で、この2つがが最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。

乳固形分とは、乳製品の中の水分以外の部分のことです。
乳脂肪分とは、乳固形分に含まれる脂肪分で、バターやクリームになる成分を指します。

商品例:ピノ、MOW(モウ)バニラなど

 

 

アイスミルク

乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上で、アイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。
また、植物油脂が使われることもあります。

商品例:雪見だいふくなど

 

 

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上でさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。
乳脂肪分については使われているかどうかは問われないということですかね。

商品例:爽、パピコチョココーヒーなど

 

 

氷菓

氷菓乳固形分はほとんどなく、果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

商品例:ガリガリ君、パピコチョココーヒー以外など

 

関連記事→お腹を冷やすと下痢になる原因

 

パピコチョココーヒーあたりからアイスクリームという感覚はなくなりますが、雪見だいふくはアイスクリームだと思っていました…。
アイスクリームとアイスミルクの違いは、素人には違いがほとんど分かりませんね。

夏に関するちょっとした話題や、お子さんがいる方は、夏休みの自由研究に進めてみてはいかがでしょうか。

 

 

参考:アイスクリームの種類
   アイスクリームの知識
   アイスクリーム|森永乳業
   ガリガリ君 ソーダ(棒)
   PAPICO(パピコ)|グリコアイス