猫のゴロゴロは傷を癒す効果がある!

猫ゴロ
ごきげんいかがでしょうか、ふじもとkです。
近年かつてないほどの猫ブームが起こり、ネコノミクスなどと呼ばれ、その経済効果は約2兆3,162億円に上ると言われています。

そんな波に乗っている猫ですが、可愛いだけじゃないんです。
実は、猫がよくするあの行動に癒し・治癒効果があったんです。

 

猫ののど鳴らしは猫が気持ちいいだけじゃなかった

猫を撫でると、喉をゴロゴロと鳴らすのを聞いたことがあると思います。
これは、単純に猫が気持ちいいから出る音というだけではなく、猫がどこか怪我をした時にも出します。

昔、家から脱走した飼い猫が二週間後に帰って来たとき、やせ細ってあちこち怪我をしていました。その怪我はどんどん傷口がつながって次第に大きな穴のようになりました。
膿もたくさん出ていましたが、ゴロゴロと喉を鳴らしていたのを聞いたことがあります。

その時は子供だったので、治療で膿を出す行為が気持ち良かったのかな?と思っていましたが、あとになってこの治癒効果があることを知って納得しました。

生き残りのため進化の過程で身につけたのがゴロゴロと筋肉と骨を震わせ身体を温め、骨密度を上げ骨折を早く治す仕組みです。
細胞を活性化し生命力を高め自分で病を治す世界で最も進んだ医療行為なのです。

猫はお産の苦しいときもゴロゴロと響かせ出産します。
(中略)
ニューヨーク州立大学生物医学工学部 クリントンルービン博士は猫の20~50Hzの響きが骨折を治し、骨を強化している事を研究し1999年発表しました。

出典:猫のゴロゴロの響きは病を治す名医、世界で最も進んだ最先端医学

 
 

猫のゴロゴロは人間にも治癒効果がある!

20160428-2

猫は自分を癒すためにゴロゴロ鳴らしていることが分かりました。
けれど、私たちも猫を撫でていると気持ちよさそうに喉を鳴らしているのを見たり聞いたりしていると癒されませんか?

それ間違いではありません!
猫ののど鳴らしは人間の傷や心を癒す効果もあるんです。

猫のゴロゴロの音の効果は、ヒトの血圧を下げたり、不安を和らげたりする効果もあり、「喉鳴らし療法」などとも呼ばれています。
出典:ネコ好き以外はあまり知らないネコにまつわる話

25~50Hzの機械的振動が骨の強さを20%促進して、骨折の回復を促進することがわかった。
さらに50-150Hzの振動的な刺激は慢性の痛みに苦しむ82%の人々で苦痛を軽減した。
出典:「猫のゴロゴロ」を科学せよ!~猫はなぜ喉を鳴らしますか?~

 

 

経済効果だけでなく日々の生活でも私たち人間に優しい猫。
猫は気まぐれだし好きじゃないという方、少し見直していただけましたか?

そして、ここまで読んでいただいた人で「猫のゴロゴロに心も体も癒し効果があるのは分かったけど、簡単に猫は飼えないよ」という方は多いかと思います。
そんなあなたに猫のゴロゴロ音をどうぞ。

 

蛇足ですが、ゴロゴロ音以外に寝息にも癒し効果があると信じて載せておきます。