足を組みたくなる理由

足を組みたくなる理由

足を組むと背骨や骨盤がゆがむと聴いたことはありませんか。
なので、足を組まないように気を付けていても無意識に足を組んでしまっている、または足を組みたくなるという方は多いのではないでしょうか。

今回は足を組みたくなる理由と足を組むことで起こる弊害をお送りします。

 

女性専用・完全個室・整体サロン『銀座スッキリ整体サロン』

 

足を組みたくなる一番の理由は「骨盤がゆがんでいるから」

足を組みたくなる一番の理由は「骨盤がゆがんでいるから」出典:なぜ足を組みたくなるのか

足を組めば骨盤がゆがむのは聴いたことがあるかもしれませんが、すでに骨盤がゆがんでいる場合は、普通に座っていることで片方の骨盤が不安定になるために上がっている方に合わせて足を組むことで安定させようとするのです。
そのため、無意識に足を組んでしまったり、足を組むと落ち着くのだそうです。

軍配のように広がった部分を寛骨(かんこつ)といい、腰痛や肩こりなどの症状を持つ人のうち、7割以上は左足の寛骨が後ろに倒れているので、左足を上に組む人の方が多いそうです。

つまり、足を組むと骨盤がゆがんでいきますし、骨盤がゆがむとさらに足を組みたくなるというメカニズムなのです。

 

 

ゆがんだ骨盤の体への弊害

ゆがんだ骨盤の体への弊害

  • 太ももの筋肉の低下
  • 下半身太り
  • むくみ
  • お腹が出てくる
  • O脚やX脚など足の変形
  • 肩こり
  • 便秘
  • 生理痛の悪化
  • 腰痛
  • ひざ痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 猫背

など、体型にも関わりますし、何よりも体の不調と密接につながっています。
これらのどれか1つではなくこの中のほとんどが複数体に起こってくると考えられ、足を組み続ければ組み続けるほど、年齢も重ねていきますので症状が表れやすくなるのではないかと予想できます。

 

 

ご紹介した弊害のほかにも芋づる式にたくさんの弊害を抱えています。
例えば猫背になった場合、肺が圧迫されることで脳に酸素が運ばれにくくなることや、呼吸器、消化器、循環器などの疾患になりやすくなるとこともあり得ます。

その他の症状にもまた別の症状が表れることもありますので軽んじることなかれですよ。

 

関連記事→肩こりだけじゃない。猫背がもたらす弊害
     ストレスにも影響!浅い呼吸が招く弊害と原因
     夏でも起こる!血行障害、血行不良による症状
     肩こりの原因まとめ

 

参考:https://www.kotubankyosei-iyashiya.com/kotsuban/asikum/
   http://iyasaka-seitaiin.com/2015/0216/205240/
   http://sp-live.net/cross-legs-2463.html