[閲覧注意]魚にはもれなく寄生虫が!魚の体表面や体内にとりつく寄生虫をご紹介!

ライフスタイル, 健康

[閲覧注意]魚にはもれなく寄生虫が!魚の体表面や体内にとりつく寄生虫をご紹介!

前回は、ウオノエ類とガラクトソマムショッキングな内容でしたが、両方とも人間には害がない寄生虫をご紹介しました。

今回は、体表面や体内にとりつく寄生虫についてご紹介します。

 

 

魚の体表面にとりつく寄生虫

ウオノコバン

ウオノコバン
出典:https://www.youtube.com/watch?v=KUMlTc7KuZM

魚のしっぽ周辺に付着しているため、見ればすぐに分かります。
人には影響がありませんが、見つけたら取り除いてください。

寄生する魚はこちら。

  • シログチ
  • スズキ
  • タイ

 

サケジラミ

サケジラミ
出典:https://www.youtube.com/watch?v=8Jh16lf9GtQ
魚の皮肌に寄生し、数が多くなると魚が死んでしまうこともあります。小さな黒い楕円形のものが密集して付着しています。
人への影響は、目で確認でき取り除けることができれば影響ありません。

寄生する魚は次の通りです。

  • サケ
  • タイセイヨウサケ(アトランティックサーモン)
  • マス類

 

サンマウオジラミ

サンマウオジラミ
出典:https://www.youtube.com/watch?v=nNaonU_LBeI

サンマの体表面に寄生しますが、わたしたちの食卓にのぼるまでに取れてしまうため現物をみることはありません。
しかし、寄生していた箇所には黒い円状のあとがあるためすぐに分かります。

人への影響はありません。

 

ミクソボルス

ミクソボルス
出典:http://www.cty-net.ne.jp/~noro-m/page053.html
ほとんど見ることはありませんが、まれにボラの鱗1枚に1体張り付きます。
腫れもののような気持ち悪い見た目ですが、人には影響はしません。

 


寄生虫ビジュアル図鑑: 危険度・症状で知る人に寄生する生物

 

魚の体内にとりつく寄生虫

アニサキス

アニサキス

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k6m9CmDCHmw

魚の寄生虫と言えばすぐに思いつくのはアニサキスではないでしょうか。
魚の腸や内臓に渦巻き状にもぐり込みます。

人が食べた場合、まれに胃や腸あたりが痛み、激しい下痢・吐き気・嘔吐を引き起こすこともあります。

寄生する魚は以下です。

  • マダラ
  • スケソウダラ
  • サケ
  • サバ
  • サンマ
  • ホッケ
  • メバル
  • スルメイカ

など

 

アンコウ微胞子虫

アンコウ微胞子虫

出典:http://fishparasite.fs.a.u-tokyo.ac.jp/Spraguea%20americana/Samericana.html
アンコウ微胞子虫は、内臓近くの骨に寄生し、白い塊のようなものが点々と付着しています。
人には影響がありませんが、見つけた場合は取り除いてください。

寄生する魚はこちら。

  • キアンコウ
  • アンコウ

 

カツオ糸状虫

カツオ糸状虫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=wrIKfJlmlTc
カツオの血栓部分や筋肉に寄生する白い糸状の虫です。
ほとんどのカツオにいるとされていますが、わたしたちがあまり見かけることはありません。
人に影響はありません。

 

日本海裂頭条虫(サナダムシ)

日本海裂頭条虫(サナダムシ)

出典:https://www.youtube.com/watch?v=idGWSsD7Z-I
背ビレ、アブラビレのすぐ下の筋肉内に幼虫が厚い膜を被った状態(メタセルカリア)で寄生します。
成虫は淡いベージュ色で、幼虫は白色をしています。

人に寄生して成虫になると、下痢、腹部膨満感などの軽度の消化器症状を起こします。

寄生する魚は以下です。

  • サクラマス
  • サケ
  • マス

 

ニベリニア

ニベリニア

出典:https://www.youtube.com/watch?v=eUOLQ7E1De4
主に腸に寄生し、たくさんとりつくこともあるので、生たらこやスルメイカの表面につくこともあります。
人には影響ありません。

寄生する魚は次の通りです。

  • スケソウタラ
  • マダラ
  • スルメイカ

 

粘液胞子虫類

粘液胞子虫類

出典:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/28.html
魚の筋肉に点在し、ときには酵素を出すため、身の一部がぐずぐずに崩れたり液状化する(ジェリーミート)こともあります。

人には影響はありませんが、液状化した魚は食べたくなくなりますね。
寄生する魚はこちら。

  • マグロ
  • カジキ
  • カレイ

 

クドア・セプテンプンクタータ

 クドア・セプテンプンクタータ

出典:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/29.html
魚の筋肉に寄生し、大きさは約10μmと小さく見つけづらい虫です。
人が生で食べると、数時間で一過性の嘔吐や下痢を発症します。
軽度の症状で済みますが、できるだけ加熱して食べましょう。

寄生する魚は以下です。

  • ヒラメ
  • マグロ
  • タイ
  • カンパチ

など

 

フィロメトラ

フィロメトラ

出典:http://www.cty-net.ne.jp/~noro-m/page053.html
魚の卵巣内に寄生し、多い時には数百匹が絡み合っている黒褐色の糸状の虫です。
人に影響はありません。

寄生する魚はこちら。

  • スズキ
  • イサキ
  • カサゴ
  • マゴチ

 

横川吸虫

成虫は洋梨形で体長1~2mmのため、肉眼では見えない幼虫が厚い膜を被った状態で(メタセルカリア)の形で寄生します。

人に寄生した場合、小腸粘膜に入り込みます。
寄生数が少ない場合は、一般に自覚症状はほとんどありませんが、たくさんの数が寄生すると、腹痛や下痢などの症状が見られることがありますが

寄生する魚は、淡水魚及び汽水魚です。

  • アユ
  • ウグイ
  • シラウオ

など

※井戸水で養殖されたものには寄生しません

 

顎口虫

魚の内臓などの体内で成長しますが、人の体内に取り込まれると成虫になれず幼虫のまま皮下幼虫のまま皮下を移動します。
移動に従って、皮膚の腫脹やみみず腫れなどが起こり、ごくたまに幼虫が眼の疾患で見つかることもあります。
寄生虫が有棘顎口虫の場合は、内臓や脳などに入り込むこともあります。

寄生する魚と寄生虫はこちら。

剛棘顎口虫 → 輸入ドジョウ
ドロレス顎口虫 → ヤマメなどの渓流魚
日本顎口虫 → 日本産ドジョウ
有棘顎口虫 → ライギョ、ナマズ

 

カイアシ類

カイアシ類

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FDoGaV0DVJw
魚に寄生するのはメスのみで、頭部を魚の筋肉に食い込ませて、尾部を体外に出してとりつきます。

人への影響はありません。

寄生している魚と寄生虫は次の通りです。

ペンネラ → サンマ、カジキ
スフィリオン → アカウオ

 

ラジノリンクス

赤橙色の虫が魚の腸管に寄生しますが、人に影響がありません。

寄生する魚は以下です。

  • サンマ
  • カツオ
  • サバ
  • ブリ

 

ディディモゾイド類

魚のえら、ひれ、口腔、筋肉、卵巣、腹腔に寄生する虫で形状はさまざまですが、多くは袋に入っている状態です。
人への影響はありません。

寄生する魚は以下です。

  • カジキ
  • サバ
  • カツオ
  • マダイ
  • トビウオ

 

テンタクラリア

テンタクラリア

出典:https://www.youtube.com/watch?v=IqTFj7zgPaU
米粒のような幼虫が魚の内臓や腹部の筋肉に寄生しますが、人への影響はありません。

寄生する魚はこちらです。

  • カツオ
  • サバ

 


身近な寄生虫のはなし (はなしシリーズ)

 

 

ざっと寄生虫のとりつく箇所を見てみると、人への影響がない場合も多いですが、寄生虫が気になる人や健康を害さないようにするには内臓や頭部は食べずに、お刺身も避けた方がよさそうですね。

 

 

 

参考:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/index.html
   http://www.cty-net.ne.jp/~noro-m/page053.html

Posted by fujimoto


PAGE TOP