血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)って?風邪でもアレルギー性鼻炎でもないのにくしゃみ・鼻水が止まらない

血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)って?風邪でもアレルギー性鼻炎でもないのにくしゃみ・鼻水が止まらない

冬になるとくしゃみが止まらなくなり、くしゃみが出なくても頻繁に鼻がむずむずして鼻水が止まらなくなります。
ハウスダストではないかと最初は思っていましたが、冷たい外気を吸ってはくしゃみをし、あたたかい飲み物の湯気を吸ってはくしゃみをする異常さに疑問を覚え、調べてみました。

血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)

こんな病気?あったのですね。恥ずかしながら知りませんでした。
今回は、血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)についてお話します。

 

エステ体験で合計─8cmやせる【エルセーヌ】

 

血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)とは、どのような症状なのか

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • アレルゲン特定ができないのにアレルギー症状が出る
  • 風邪ではないので発熱しない
  • 目のかゆみ・炎症などはない
  • 症状自体は軽度
  • 鼻水は無色透明
  • 少しの刺激でも症状が出る
    温度差
    空気の乾湿
    ハウスダスト
    花粉
    動物の毛
    強い香り
    たばこの煙
    など

個人的にはわさびを食べたときやビールを飲んだときも症状が出ます。
これらのように、環境にはかなり気を使っていないとダメということになりますね。

症状が軽くても、ちょっとしたことでも鼻水が出たり鼻づまりがあるのはストレスとなります。

刺激の原因を回避したり、環境になれると症状が治まると言います。

 

 

血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)の原因

一番有効とされる説が、自律神経の異常により鼻粘膜の血管が拡張し、アレルギー症状が出るといわれてます。

関連記事→低体温症は体の不調や様々な病気に繋がる
     骨粗しょう症やうつ病の原因にもなる!日光に当たらない弊害
     頭がぼーっとする人はこれで解消!パターン別対処法
     本当は怖い!睡眠不足がひき起こす7つの弊害
     肩こりだけじゃない。猫背がもたらす弊害
     ストレスにも影響!浅い呼吸が招く弊害と原因

 

 

血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)の対策

自分でできる予防方法

  • 睡眠をしっかり取る
  • タバコの煙やほこりの多い場所を避ける
  • 部屋の掃除をこまめに
  • 有酸素運動をする
  • ストレスを発散
  • ぬるめのお湯でじっくり入浴
  • 栄養バランスを意識する
  • 体をしめつけない服を着る
  • きつい靴や靴下をはかない
  • 温度調節しやすい服を着用
  • マスクをつける
  • 筋力をつける

 

関連記事→副交感神経を優位にする方法
     今すぐできる健康法。笑顔がもたらす心身への効果
     夜型から朝型へ。早寝早起きのメリット
     深呼吸を日常化!呼吸を深くする方法
     足の裏が熱くて眠れない!原因は冷えかも?!

病院での処方

・コルチコステロイド点鼻スプレー…鼻の粘膜の炎症を抑えます。

・抗ヒスタミン点鼻スプレー…ヒスタミンの過剰分泌を抑え、くしゃみを和らげます。

・抗鼻閉・抗コリン点鼻薬…鼻の中の毛細血管を収縮させて、鼻づまりを緩和させます。

出典:血管運動性鼻炎の症状と対策、治療法

 

 

参考:http://okada-kouseido.com/season/%E5%AF%92%E6%9A%96%E5%B7%AE%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/