秋にかかりやすい病気

秋にかかりやすい病気

過ごしやすい秋になって、昼間は暖かく、ときには暑いと思えるほどですが、朝晩は冷え込むので服装での温度調整が悩みどころです。
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、具体的にどんな病気になりやすいのでしょうか。

今回は秋にかかりやすい病気をご紹介します。

 

 

風邪や花粉症

気温の差が大きくなることで風邪にかかりやすくなることは周知でしょう。
しかし春のイメージが強く、実際にも大流行は春である花粉症は秋にも要注意です。

秋の花粉症を引き起こすのはブタクサ、ヨモギ、カナムグラに加え、猛暑のために植物の生育が早まった場合は、スギ花粉が飛ぶこともあり、副鼻腔炎(蓄のう症)を併発する可能性も充分にあります。

そんな秋の花粉症は風邪に間違えられることもあります。
もちろん、気温の差が激しいため風邪の可能性も高いのですが、症状が長引くようなら花粉症を疑ってください。

 

 

インフルエンザ

インフルエンザが流行するのは真冬のイメージですが、11月からじょじょに感染者が増えていきます。
ワクチン注射を勧められていますが、インフルエンザは年々進化し、少しずつ変わっていくので、今の時期から免疫力を高めていく必要があります。

 

 

胃腸炎

胃腸炎

胃腸炎を引き起こす原因となるのは、ノロウィルスです。
インフルエンザと同じように冬のイメージで
すが、10月~11月頃から発生件数が増えていきます。

ノロウィルスに感染した場合、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があらわれることが一般的ですが、免疫力の強い人は、感染しても発症しなかったり、軽い風邪のような症状ですむ場合があります。

ノロウィルスの予防対策を簡単に列挙します。

  • 手洗い・うがいを丁寧に
  • 水回りや調理器具の消毒
  • 適切な汚物や吐しゃ物の処理
  • 食品を十分に加熱

 

 

食中毒

食中毒が多いのは、意外にも10月頃が発生件数が一番多くなります。
夏のように食品の傷みに敏感でなくなり、常温で放置してしまうことが原因です。
その上、夏バテの名残で免疫力が低下していることで食中毒になってしまうのです。
手洗い・うがいからも食中毒の感染が防げますので、夏同様に気を抜かずに注意しましょう。

関連記事→梅雨時期に役立つ食中毒の原因と予防

 

 

ぜんそく

秋は気温が低下するのに加えて湿度も低下します。
そのため、地表付近で放射冷却現象が起きて、空気の対流が上手く行われずに、汚れた空気が地表付近に停滞してしまうようです。
このことが影響して、ぜんそくを持っている方などにぜんそくの症状が出たりすることも多いようです。
出典:秋に多い病気とは?注意したい4つの病気について

現在、日本では喘息患者が増えているため、喘息発作の刺激となる次のような原因を遠ざけることでも予防しましょう。

  • ダニ
  • ハウスダスト
  • ペットの毛
  • 花粉
  • カビ

 

 

季節性感情障害

秋の中盤から冬の終わりにかけて、1日の日照時間が短くなります。
先ほどから述べているように、日光に当たる時間が短かかったり、長期的に当たらなかったりすると、うつ病になりやすくなります。
このような症状を、季節性感情障害(SAD)または「冬季うつ」と呼びます。
出典:骨粗しょう症やうつ病の原因にもなる!日光に当たらない弊害

日が当たらないことで、脳内の幸せホルモンである「セロトニン」が不足し、精神が不安定になることが原因です。
対処法は、日光を浴びることで脳のバランスを調整することができますので、特に、秋冬は積極的に日光を浴びるように心がけてみましょう。

 

 

参考:http://xn--zcka6a2a7f4bxjd.jp/akinobyoki-4914
   http://zatugakunoeki.com/health/6406/
   http://xn--zcka6a2a7f4bxjd.jp/akinobyoki-4914