肩こりだけじゃない。猫背がもたらす弊害

ライフスタイル, 健康

肩こりだけじゃない。猫背がもたらす弊害

今や現代人のほとんどの人が猫背と言っても過言ではありません。
猫背は「見栄えが良くない」「肩こりになる」といったことは皆さんご存知と思います。

もちろん肩こりはとても厄介な現代病ですが、それだけではありません。
体の様々な不調から精神も不安定になってしまうこともあります。

今回は、猫背がもたらす弊害をご紹介します。

 

肩こり、首こり、頭痛

雲のやすらぎ

人間の頭の重さは約5kgあるといわれています。この重い頭を支えているのは首や肩。このとき正しい姿勢で頭を支えることができれば、負担はほとんどありません。しかし、姿勢が悪いと、5kgという重さを支えるためにどこかに無理をすることに。この無理=負荷が首や肩にかかると、コリとなって現れてしまうのです。
出典:なぜ猫背はカラダに悪い?|正しい姿勢とウォーキングをマスターしよう!

また、肩や首を支える筋肉に負担がかかると緊張状態になり、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、脳へ血液が行き届かなくなるため頭痛となるのです。

関連記事→夏でも起こる!血行障害、血行不良による症状

 

胸が垂れる

日頃から背中が丸まった姿勢をとっていると、大胸筋などの胸付近の血流が滞り悪くなっていきます。その結果、バストは冷えて栄養が行き届かなくなり、ハリを失って下垂を招いてしまいます。
出典:胸(バスト)が垂れる原因と対処法

特に女性の場合は、深刻な事態です。
胸が垂れるだけで老けた印象にもなりますし、健康と美容の観点から言っても改善しなければなりませんね。

 

 

 

下腹や背中に脂肪がつく

下腹や背中に脂肪がつく

猫背になるということは、腰や背中などを支える筋肉を使わないといけません。
そのため楽に思えるのですが、筋肉は使わなければ脂肪に変わり、結果だらしない体型になってしまします。

 

 

呼吸器、消化器、循環器などの疾患になりやすい

呼吸器、消化器、循環器などの疾患になりやすい

猫背の人は前かがみの姿勢で長時間過ごすことが多いことから、内臓が圧迫されてしまいます。
それによって次のように様々な不具合が引き起こされます。

肺が圧迫されると…

呼吸がしづらくなり酸素を十分に取り込まれなくなります。
その結果、全身に十分な酸素の供給ができなくなるのです。

酸素が全身にいき渡りにくくなると…

消化運動が低下して胃酸が出にくくなり、食べたものが消化できず残ってしまい、胃もたれを引き起こします。
胃もたれの症状は、胃のあたりが重く感じたり、鈍痛を感じたりすることから、食欲不振につながります。

・脳へ酸素がいき渡らないことで、めまいを引き起こしたり、脳の働きが鈍くなります。
そうすると、物事の適切な判断ができなくなったり、記憶の低下や、要領が悪くなったりなど様々な影響がでます。

・血流が悪くなると、身体が冷えやすくなり新陳代謝が悪くなります。
新陳代謝が悪くなると、脂肪がつきやすくなります。

さらに内臓の血流が悪くなると、便秘になりやすくなります。
便秘もまた、肥満の原因となります。

自律神経のバランスがくずれ、精神的に不安定になりやすくなります。
何故なら、猫背になることで首が前に出て、頭蓋骨と首の骨の境目が折れ曲がり、脳脊髄液の流れが詰まります。
そうすると自律神経に負担をかけることになるのです。
自律神経のバランスがくずれると、精神的に不安定になることは有名ですし以前にもお話しましたね。

関連記事→ストレスにも影響!浅い呼吸が招く弊害と原因
     血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)って?風邪でもアレルギー性鼻炎でもないのにくしゃみ・鼻水が止まらない

 

猫背の方の中には、胃もたれがあったり便秘になったりしている人も多いことと思います。
ですが、まさか猫背にもそんな可能性があるとは思いませんよね。

もちろん、猫背だけの影響ではないでしょう。
日頃の色々な条件が重なって体の症状が出ています。

まずは、猫背もその一端があるということだけ覚えていただければと思います。

Posted by fujimoto


PAGE TOP