夏でも起こる!血行障害、血行不良による症状

血行障害、血行不良による症状

運動不足や体温の低下など、現代のライフスタイルでは血流が悪い人が多いですね。
特に女性は筋肉量が少ないため、これらに加えて冷えやすい体質の人も多くいます。

最近は冷房の効き過ぎるところは少しずつ減ってきましたが、汗が冷房によって冷えることで体が冷え、血管も冷えるため血流が悪くなるのです。

今回は、血行障害、血行不良になった際の様々な症状をご紹介します。

 

軽度・中度の症状

肩こり、首こり

血行障害・血行不良になると、だいたい肩こりや首こりの症状が出ます。
これは、冷えによって疲労物質がたまり老廃物を排出しにくくなるために起こります。

 

関節痛

関節痛

血行が悪くなることにより、老廃物が血液中に蓄積され、筋肉に疲労が溜まり、コリにつながります。そして、筋肉が過度の緊張をすることにより、関節に負担がかかり、痛みが発症してしまいます。
出典:冬に気をつけたい冷えと関節痛

 

目の下の青クマ

クマは寝不足によってできるというイメージがありますが、それだけではありません。
目の周りには無数の毛細血管が通っています。
血流が悪くなると青っぽくなり、それが薄い皮膚から透けて見えるため青いクマとなります。

 

頭痛

血行障害・血行不良によって脳内血管が拡張・収縮します。
拡張・収縮した血管が周辺の神経に刺激を与えるため頭痛を引き起こすのです。
肩こり、首こりになると頭痛になる可能性が高いので頭痛に至る前に対策を施しましょう。

 

慢性的な疲労感

血流が悪いと老廃物や二酸化炭素を排出できないのと、必要な栄養素や酸素が運ばれてこないために起こります。

 

手足のしびれ

正座をしていて足がしびれたというとの同じシステムで、血行不良で中枢神経や末梢神経を圧迫することによって起こります。
また、体内の水分バランスが崩れるとしびれやすくなります。

ただ、手足のしびれは後ろで紹介する、脳梗塞など大変な病気の前触れであることもありますので、いつまでもしびれが取れなかったり、顔にしびれを感じたら病院へ行きましょう。

 

 

眼精疲労

レンズの役割をする水晶体の厚みを調節する”毛様体筋”という筋肉が、血行障害、血行不良のため疲労節いつが蓄積するため引き起こします。

 

関連記事→目が痛い!眼精疲労を治す5つの方法

 

髪質の低下、抜け毛

抜け毛

頭皮の状態は髪に直結するというのはお分かりかと思います。
頭皮は目よりも上の位置にあります。
つまり、目に血液が行き届かなければ、頭皮にも血液が行き届きません。

血液は、栄養や酸素を運びますので、自ずと髪質が悪くなったり毛が抜けやすくなるということです。

 

肌荒れ

血行が悪いと栄養が必要なところへ十分に行き渡らないだけではなく、老廃物が流れていかなくなってしまうのです。これが「新陳代謝が悪い」状態で、肌のターンオーバーが上手くいなくなり、シミ、シワ、くすみ、吹き出物といった肌トラブルが現われやすくなります。
出典:「血行不良」は肌トラブルの万病

 

むくみ

むくみが起きるのは、動脈の血行障害ではなく、静脈(リンパも含む)の血行障害(還流障害)が原因です。
 ということは、血液の流れを良くすればむくみが解消されるのかといえば、必ずしもそういうことでは無いということです。むくみを改善するには、「静脈」の流れを良くすることが重要であると言えます。
出典:血行障害の種類とその症状

 

関連記事→今すぐできる健康法。笑顔がもたらす心身への効果

     貧乏揺すりの原因と6つのメリット

 

肩の痛み、腰痛、筋肉痛、冷え性、月経トラブル

上記でも重複していますが、すべて老廃物、疲労物質が蓄積され排出されないことが原因です。

 

 

 

 

重度の症状

静脈瘤

静脈瘤とは、静脈が伸びて、曲がって、数珠(じゅず)玉のように膨れた状態(屈曲・蛇行)のことで、主に表在静脈にできます。瘤とは「こぶ」のことで、膨れた状態が「こぶ」のかたちに似ているので、こう呼ばれています。
出典:[97] 脚の静脈の血行障害-静脈瘤

静脈瘤になる原因は、静脈にある弁を酷使してしまう事です。
弁を酷使することで血管の弁が壊れてしまい現れる病気です。

 

動脈硬化

血行障害・血行不良によって動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます。

 

高血圧

血管が狭くなっていると、まるでホースの口をつまんだかのように中の血液が勢いよく流れることになります。このとき、当然ながら血液は狭い血管壁に対して高い圧力をかけることとなり、これを高血圧と呼んでいるのです。
出典:高血圧と血流の関係

 

不妊症

不妊症

子宮筋腫や子宮内膜炎・子宮内膜症、黄体機能不全などの着床障害による不妊症、無月経や希発月経などの排卵障害による不妊症なども、その原因をたどると冷え性という問題に行きつくことが非常に多いのです。
出典:不妊と冷え性、男性不妊と冷え性の関係

 

認知症

先ほど髪質について述べましたが、認知症も脳に血液が行き届かないために起こる病気です。
つまり、脳への血流を良くすれば、認知症の予防&進行を防ぐことができるわけです。

 

関連記事→脳を刺激して活性化させよう!

 

脳卒中

脳卒中とは脳の血管が破れたり、詰まったりして脳の細胞が壊死する病気です。

 

脳梗塞

脳梗塞は脳卒中の1つで、脳につながる動脈が詰まったり狭くなるため、脳組織が酸素や栄養不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいいます。

 

心筋梗塞

心筋梗塞

動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。
出典:心筋梗塞(急性心筋梗塞・陳旧性心筋梗塞)とは

 

突発性難聴

ある時、突然耳の聞こえが悪くなる、原因不明の耳の病気です。
きちんとした原因は不明ですが、ウイルスが原因だという説と、毛細血管の血行障害により内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという、内耳循環障害説があります。
出典:血行障害 – 無痛整体 鈴木薬手院

 

虚血〈きょけつ〉性視神経症

視神経の血管が詰まったことにより、突然、視力低下や視界異常が起こります。
高血圧や糖尿病などの血行障害に伴う病気を持っている方に多く起こります。
出典:血行障害 – 無痛整体 鈴木薬手院

 

 

関連記事→足の裏が熱くて眠れない!原因は冷えかも?!

     深呼吸を日常化!呼吸を深くする方法

 

 

 

 

 

実に様々な病気や症状が出て怖いですが、根源は「栄養、酸素が行き届かない」「疲労物質や老廃物が排出されない」という簡単な理由だったんですね。

原因は簡単でも恐ろしい病気につながることが分かったので、血行不良はどんなに良くないことか分かったのではないでしょうか。

わたしも冷え性なので、夏といえども油断しないようにしようと思いました。
まだまだ暑い日々が続きますが、体を冷やさないように気を付けましょう!