転職エージェントの優良求人に返信したら釣りだった

就職・転職

転職エージェントの優良求人に返信したら釣りだった

マイナビ転職やリクナビネクストなど、転職を考えたことがある人はこれらの転職情報サイトに登録している人は多いでしょう。
その中で、レジュメを読んだうえで転職エージェントから紹介したい求人があるという旨のメッセージが届くはずです。

何をいまさらという声も聞こえてきそうですが、今回は転職エージェントの優良求人に返信したら釣りだったお話をします。

 

 

音信不通

ご存知の方は多いでしょうが、転職エージェントからは「あなたのレジュメを見て、ぜひ紹介したい求人があります」という内容のメッセージが届きます。

条件が良く興味があったので返信し、電話カウンセリングの日時を決めるまではスムーズにいきました。
当時まだ会社員で、電話カウンセリングの時間に帰宅が間に合わないため、終業後、会社に残って電話を待っていたのに着信はありませんでした。
その後も結局、電話はかかってきませんでした。

だったら最初からメッセージ送ってくんなです。

 

 

別の求人を紹介される

別の求人を紹介される

転職エージェントからオファーがあり、メッセージの書き出しが以下の文面でした。

このたび匿名レジュメを拝見しまして、ぜひご案内させて頂きたい求人がございましたのでご連絡差し上げました。

今回の求人は今までのご経験を活かし、活躍いただける可能性が高いと考えております。
具体的な求人内容につきましては、下記のオファーポジションの欄をご覧ください。

わたしは今までずっと、専門職で事務職には携わったことがないのですが、オファー求人は某大手企業の総務事務(※総務未経験可)で条件はそこらの専門職より良く、ハードルが低く記述されていました。

虫がいい話ではあると思いましたが、いっちょ話に乗ってみました。
すると、一度電話カウンセリングをしたいとのこと。
(違う会社だけど)前回のようにバックれないだろうな?という気持ちでしたが、取り越し苦労でした。

しかし、いざ求人の話に移ると総務事務の話は無視で、不自然に全く違うデザイナーの仕事を紹介されました。
しかも、大きな会社との取引があるとアピールしてきます。
見た目の条件は良くも悪くもない印象でしたが、あとで不都合な条件が出てくるのはお約束でしょう。

話ながら会社の口コミサイトを見てみると、100件以上中の書き込みの半分以上が問題点を指摘している会社でした。
口コミサイトの書き込みも話半分くらいで見ていますが、ちょっと問題点が多いような気がしました。

なので、あえて最初に紹介したいと求人の話を蒸し返してみました。
すると「大きい会社で条件がいいのでたくさん応募者がいるんです。しかも、ふじもとさんは事務経験が少ないように思いますので、ここよりは今ご紹介した会社の方が経験をいかせると思いますよ」

だったら最初からメッセージ送ってくんなです。

 

 

釣り求人も罰則化すべき

職業安定法では、ブラック求人を斡旋した紹介会社には罰則があります。

1  職業安定法第4条第1項では、「職業紹介」を「求人及び求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における雇用関係の成立をあつせんすること」と定義しています。
出典:民間企業が行うインターネットによる求人情報・求職者情報提供と職業紹介との区分に関する基準について

『日本の法律は穴だらけ!ブラック求人を出した企業も罰則へ』で書いてますが、転職エージェントはこの定義に当てはまるため、求人についての虚偽は罰則を受けますが、そろそろ応募させる気のない釣り求人で応募者を集めようとするのも詐欺として罰則化してほしいものです。

 

 

関連記事→面接官・応募者必見!面接で適正・能力とは関係ない質問は就職差別を助長する!
     面接は第一印象で決まる!面接官の好感度を上げる対策
     定石から最先端まで!転職先を見つける6つの方法

Posted by fujimoto


PAGE TOP