30代になって実感したこと~社会編~

30代になって実感したこと~社会編~

前回は、30歳を越えて実感した心身の状態をお話ししました。
あくまでもわたし個人の実感です。
今回は、社会が求める30代のあり方などの実感をお話しします。

 

 

できてあたり前

30代といえば大人も板についてきたころといった風で、学生からするとおじさんおばさんというイメージでしょう。
そのため、例えこれまで職種によってはしてこなかったことでも、次のようなことは世間一般ではできて当たり前で、できないと恥ずかしいと思われるのです。

  • 感情をコントロールする
  • TPOにふさわしい対応
  • ビジネスマナー
  • 冠婚葬祭のマナー
  • 電話応対
  • 来客対応
  • 責任を持つ
  • リーダーシップ
  • 役所など各種の手続き

上記だけに限らず、20代では分からないと言えば教えてくれたり、できなくてもしょうがないと許してもらっていたことが、30代になると許されなくなっていることもあるのです。

 

 

本人の認識より世間から求められるものはきびしい

本人の認識より世間から求められるものはきびしい
わたしが社会に出たての頃、当時20歳だった同期と30歳の先輩が口論するところを見て、同期にも無礼さを感じましたが、特に先輩に対して大人気ないと呆れたことがありました。

その事を別の機会にアラフォーの上司に子供っぽいんじゃないかと話したことがあったのですが、その上司はこう言いました。
「そんなの無理。俺だって最近言いたいこと飲み込めるようになったのに」




と思いました。
見た目は立派な大人だったり、おじさんに見えるのに中身はほぼ子供。
表面上ちょっと装うのが上手くなったにすぎないんだということを悟りました。
そして、自分が三十路に入って世間から求められる三十路像についていけていないことも気づきました。
もちろん、後輩と口論したことはありませんけど。

大人になって行くというのは、世間から求められる年代に相応しい心構えや行動を読み取り、それを自分の中で修正をかけて反映させていくことなのだなと感じました。

 

 

 

意識の高い人からすれば、「何をいまさら」なことだと思いますが、なかなか切り替えが難しい部分もありますし、多くの人が自分には甘くなるものだと思います。
その甘えが、世間から許されなくなっている年代なのだと最近は特に感じました。

30代は”20代に比べて肩の力が抜けてきて楽しい”という意見も小耳にはさみますが、わたしはまだそこまで到達していないように思います。
日々精進し、無駄な力が抜けたメリハリのある大人になって楽しい30代を送りたいものです。

 

関連記事→人生が充実していると感じる6要素