IQが低い人によく表れる8つの特徴 前編

2017年7月17日

IQが低い人によく表れる8つの特徴 前編

”IQが低い=知性的な言動ができない人”というイメージがあり、実際にその傾向を感じられるシーンはいくつもあります。
そこで今回は以前の『IQが低い人の8つの特徴』の続編としてIQが低い人によく表れる8つの特徴をお送りします。

 

保守的
差別や偏見を持ちやすい

カナダのオンタリオ州にある、ブロック大学で心理学を研究しているGordon Hodson氏が行った調査によると次のような研究結果になりました。

1958年3月および1970年4月に生まれた子どもに対し、10~11歳時点での知能指数を計測した上で、30または33歳時点でどれだけ保守的な思想や偏見を持っているかを測定したそうです。

調査内容は「母親がフルタイムで働いている家庭は不幸である」「学校は子どもに対し、権威に従うよう教育すべきである」「他の人種と一緒に働きたいと思わない」などの質問に答えさせるもので、集計した結果、IQの低さと保守的なイデオロギーや差別的な偏見に相関がみられたとのこと。
出典:保守的、差別的な人ほどIQが低い傾向が明らかに

関連記事→人間はバイアス(偏見、差別)の生き物~低IQほど偏見、差別に走る~

 

 

宗教に傾倒しやすい可能性

宗教に傾倒しやすい可能性イギリスのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの進化心理学者でこの研究を行ったサトシ・カナザワ氏は「知性や宗教心、浮気心の強弱はすべて知能の進化に関係している」と話し、以下のような研究結果を発表しました。

絵を使ったボキャブラリー・テストに参加した13~19才の若者のIQを測定したもので、7年後に同じ被験者に対して各自の宗教観と政治思想に関する質問が行われた。

 データ分析の結果、7年後に「まったく宗教心がない」かつ「非常にリベラル」と回答した人は、「非常に宗教心がある」かつ「非常に保守的」と回答した人に比べて、10代のころのIQが高いことがわかった。

 差異はそれほど大きなものではなく、例えば、リベラル派と保守派の差は平均で11ポイントにすぎない。それでもこの差は非常に重大だという。
出典:リベラル志向や無神論は進化の結果?

この研究に対して他の専門家からは「非常に興味深い」といった意見の一方、「IQ測定で絵を使ってボキャブラリーを尋ねる方法を採用しているが、必ずしもカナザワ氏が対象とする種類の知能を測るものではない」という意見もあり、一理あるというもので実証したものではないようです。

そうは言っても、教育を満足に受けられず宗教によって思想を植え付けられた人は過激テロを起こしている傾向にあるイメージはありますね。

 

 

 

抽象推理が苦手

抽象推理が苦手出典:https://www.arealme.com/iq-2017/ja/

線図の中から規則性を見つけ出す能力を測る「抽象推理」テストの成績が悪かった人々は、人種差別だけでなく同性愛差別的な思想を抱きがちであることも判明しています。
出典:保守的、差別的な人ほどIQが低い傾向が明らかに

 

 

話が長くわかりにくい

知的な人は、伝わりやすいように論理的な話の構成だったり、気持ちや状況などにあった言葉をチョイスして話すので長さが適切で分かりやすい人が多いです。
一方、知的でない人はたいして意味のないところで「とりあえず」などの副詞や接続詞を多用するため話が冗長になったり、言葉が適切でないため分かりにくい傾向にあります。

 

 

 

次回『IQが低い人によく表れる8つの特徴 後編』