成功者や高収入者が実践!収入が増えるかもしれない行動 前編

2017年9月2日

成功者や高収入者が実践!収入が増えるかもしれない行動

日本の平均年収に届かないという人からすると、収入を上げるコツを成功者から学びたいと思っているのではないでしょうか。
今回は、成功者や高収入者が実践!収入が増えるかもしれない行動をご紹介します。

 

自己投資

成功者や高収入者のイメージとして、高級車を乗り回し、高級ブランドものを身に着けてリッチなモノに囲まれていると思われているでしょう。
実際にはそういった人も少なくなさそうですが、これからも成功し続ける人は高級品をやたらと揃える方法ではなく、ちゃんと身になる自己投資をしている人が多いと言います。

例えば、勉強や資格、有意義な人との交流、自己啓発本やセミナーなど心を豊かにしたり、知識、技術を深めるようなツールにお金を使うことを自己投資と言います。
これからも成功し続ける人は、自分の成長につながることであれば、惜しまずにお金を使います。

 

 

経験にお金を使う

お金があるとどうしても真っ先に使ってしまうのは”モノ”に対してだと思います。
生活や仕事の上でどうしても必要なものならば仕方ありませんが、そうではない嗜好品や娯楽品を買っても、最初は満足していますが時間と共にその満足度は薄れていき、また新しいものが欲しくなるというのが心理です。
そういった、物欲を満たすためのお金の消費を”浪費”と言います。

しかし、旅行やコンサート、展示物の鑑賞や体験型セミナーなどの経験を買うことは、自らの価値観や感受性、見識を広げられる要因となり、同時に”モノ”からは得られない幸福感や出費に対する後悔も少ないと言います。

 

 

 

人生が豊かになる人間関係にお金を使う

人生が豊かになる人間関係にお金を使う博識な人、違う価値観を教えてくれる人、気があって楽しく話せる人。
ビジネスとは関係ないシーンで大切な人と過ごす時間も一つの経験です。
もちろん、有害な人と嫌々過ごすのはただの浪費ですので、大前提として自分が望んだ上での交流です。

こういった人間関係には、ちょっといいレストランで食事、記念日にはプレゼントなどにお金を使いましょう。
相手の喜ぶ顔を見てこちらも嬉しくなり、その場は和やかで話も弾むでしょう。
すると、後々思い出しても「あの時は楽しかった」と満足度が高いままのはずです。

関連記事→幸せになりたい人へ。オキシトシン、セロトニンを分泌させて幸せを感じよう

 

 

ご馳走する

早稲田大学教授、山梨大学名誉教授で生物学者の池田清彦氏によれば、人にご馳走することで尊敬され、仕事が増えるため収入が上がると語っています。

これは、主にビジネスシーンだとは思いますが、会食のときには積極的にご馳走してみるといいのではないでしょうか。

 

 

 

『成功者や高収入者が実践!収入が増えるかもしれない行動 後編』に続きます。