スルースキルを高める必要な要素

キャリア, テクニック, ビジネス, 心理・性格

スルースキルを高める必要な要素

スルースキルは、対人関係に関して摩擦が生じたときに感情的にならずに無視をしたり聞き流すことで、言い争いを回避する社会において最も大事な能力の1つです。
前回は『ストレス耐性を高める5つの方法』をご紹介し、スルースキルについて触れました。
今回は具体的にスルースキルを高める際に必要な要素をご紹介します。

まずは
【スルースキル診断】ストレス溜め込んでない? 受け流す力をチェック!

 

 

自分の地雷を把握しておく

人によってどんなことをされて、どんなことを言われて嫌なのかが違います。
なので、自分の地雷の傾向をしっかり把握しておき、話の流れが地雷に近づかないように操作することもできますし、避けられないようなら心の準備をして上手くスルーできるようにしておくことができます。

 

 

ある意味めんどくさがること/怒ったその後メリットがないと計算でき実行できる

対人関係でカッとなる場面は少なくないと思いますが、世の中にはつっかかってきたり、何かと事態をややこしくしたり、諍いを好む人種がいますが、そういった人に感情をあらわにするとめんどくさいことになります。

めんどくさがりの人の場合、自分が言い返したりすることでさらにめんどくさくなると想像がつくと、いくら腹を立てていてもその場を収めるためにスルーすることが多いです。
この場合あとで、あれ以上関わるとめんどくさいことになるから言い返さないであげたと溜飲を下げることできます。

また、めんどくさがりとはタイプが違いますが、自分が怒ることで印象が悪くなるなどメリットがないという計算が感情を上回ることでスルーできることでも同じような結果にあります。
こちらができる人は、スルーすることのメリットを挙げていくことで溜飲を下げることができるでしょう。

スルーすることが苦手な人はどちらかのタイプを試みてください。

 

 

必要以上に考えすぎない

必要以上に考えすぎない
自分に何か非があるかもしれず、それが引き金となった場合は、自分の非を改めることにフォーカスをあて改善するべきですが、それ以外はどうしようもないので、あまり考えすぎないようにしましょう。

また、あとで何度も思い出すと、記憶を定着させることにもなりそのたびにストレスがかかります。
そうするとスルーしたことにならないため、できるだけ思い出さない、考えすぎないことを心がけましょう。

 

 

気分転換をして頭を切り返る

気分転換をして頭を切り返る
華麗なスルーができるようになるまでは、スルーというより我慢になります。
我慢した後は、しばらくその場や人から離れてまったく違うことをしましょう。

  • 外に出て深呼吸
  • ストレッチなど軽く体を動かす
  • 音楽を聴く
  • スマホアプリをする

など、短時間でできるようなことをして、我慢していたことを頭から追い出すのです。

 

関連記事→イライラを早く解放する方法6箇条 職場編
     イライラしない精神を作る6つの方法

 

 

穏やかな社会生活をおくるためには、ストレス耐性やスルースキルは必須ですが、この2つを身につけるには適性も必要で、向いていない人にはかなり難しいものです。

ですが、身につける努力をしなければこれからも生きにくい人生を送ることになるため、身につけておいた方がお得と言えます。
ストレスをより少なくするためにご紹介した方法を取り入れてみてはいかがでしょう。

 

 

参考:https://mayonez.jp/5557

Posted by fujimoto


PAGE TOP