敵を作らない、反感を買われない方法 後編

キャリア, テクニック, ビジネス, ライフスタイル, 心理・性格

敵を作らない、反感を買われない方法

前回は『敵を作らない、反感を買われない方法 前編』をお送りしました。
今回は後編をお送りします。
ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

他者を見下さない

自分より下だと思っている人には、無意識に目線や言動からもバカにした雰囲気を出してしまいます。
人はプラスの感情は感じ取りにくいですが、マイナスの感情ほど敏感に感じ取るため見下されていると分かります。
誰も自分を見下している人の味方にはなりませんよね。

 

関連記事→承認欲求を理解して、心を満たしてあげよう 後編
     お金持ちはモラルもマナーも悪いという研究結果
     舐められる、バカにされる人はどこに原因があるのか

 

話かけやすい雰囲気があり、自分からも話しかける

話しかけにくい雰囲気は、周りからすると、自分たちを拒んでいるのではないかと思ってしまいます。
また、こちらから話しかけないのも周囲の人たちと話したくないのかという憶測を呼んでしまうことから、とっつきにくい人というイメージがついてしまい、いつの間にか遠巻きにされてしまいます。
できるだけオープンな雰囲気でいることと、自分からも話しかける気安さを心がけるといいでしょう。

 

関連記事→世渡り上手、要領がいい人の13の特徴 後編

 

 

笑顔を心がけている

笑顔を心がけている
多数の人々に溶け込み、反発心を起こさせず、和やかなコミュニケーションと取るには笑顔が必須です。

 

関連記事→今すぐできる健康法。笑顔がもたらす心身への効果
     ポジティブシンキングのメリットとデメリット
     印象を操る世渡り上手の心理学

 

 

妬まれないようにしている

例えば仕事ができる人は、仕事ができない小賢しい人からは妬まれ、足を引っ張られます。
そうすればあなたの仕事の成功は難しくなるため、目立たないようにすることが成功の近道といえます。

 

関連記事→足を引っ張る人の心理と対策
     嫉妬心の強い人の特徴
     短気、せっかちと見られる人は嫌われるが役に立つ!
     嫌われる人の特徴まとめ

 

ご紹介した要素を実践しても敵を作ってしまうことはあるかと思いますが、実践しないよりはずいぶんマシではないでしょうか。

集団で生活することは安心感もありますが、それは1人1人の距離が近くなっていることにもなります。
その中で少しでもはみ出ていると、とたんに集団は的に早変わりします。

味方だと思っていた近くの人間が敵になることほど厄介なことはありませんので、できるだけ穏やかに仕事を進めたいものですね。

 

Amazon

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本 (だいわ文庫)

楽天

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本 [ 心屋仁之助 ]

 

参考:http://president.jp/articles/-/8262
   https://allabout.co.jp/gm/gc/294898/

Posted by fujimoto


PAGE TOP