業務委託(委任)、業務請負は「部下」ではなく対等な立場の「取引先」

2016年12月19日

業務委託(委任)、業務請負は「部下」ではなく対等な立場の「取引先」

普段、委託や請負契約を締結して仕事をしていく際に、クライアント(依頼会社)が雇用したかのような扱いをしてくることがあります。
会社員の皆さんは業務委託(委任)・業務請負と雇用の違いをはっきり区別しているでしょうか。

労働者は労働基準法の内容を把握していなくてもそれなりにやっていけますが、経営者は把握していなくてはいけません。
ですが、現状そのことを知らない無知な経営者が多いのも事実です。社員に対して、周知・指導していないということもその会社の程度を物語っていることになります。

会社とフリーランス(個人事業主)が互いに法律を犯さない対等の立場として契約を締結するために、業務委託(委任)、業務請負は「部下」ではなく対等な立場の「取引先」だということについてお話します。

 

 

業務委託(委任)と業務請負と雇用の違いについておさらい

以前、『フリーランスを始める前に知っておくべきこと4条』で業務委託(委任)と業務請負と雇用の違いについて書きました。

1. 雇用契約は、一方が指揮・命令に従って仕事をすることを約束し、相手がその労務について報酬(賃金)を支払うことを約束することによって成立する契約です。労働基準法では、労働契約といっています。

2. 請負は、大工が家を建てる場合や、クリーニング店が洗濯をする場合など、請負人が注文者の指揮・命令を受けることなく自らの判断で仕事をする契約をいいます。結果を出さなければ報酬をもらうことができず、仕事を完成させて初めて報酬を請求することができます。

3. 委任は、弁護士に依頼する場合や、医者の診療の場合などの契約をいいます。委任では、依頼された事務を処理することが目的であり、必ずしも結果を出すことは求められていません。したがって、結果を出さなくても報酬を受けることができます。
出典:8.雇用、請負、委任の違いについて

1.雇用契約は、会社に勤務している人たちです。

2.請負は、発注企業にとって取引先となり、仕事の結果に不備があれば修正を依頼することができます。

3.委任は、発注企業にとって同じく取引先となり、仕事の結果に不備があっても修正義務はありません。
ですが、実際問題として発注企業は追加報酬もなく修正を依頼してくるケースが多いのです。

 

 

業務委託や業務請負は勤務地、勤務時間などを指定できない

勤務地 東京都****
勤務時間 9:00~18:00
給与 完全歩合制 (粗利の85%)
例)月60万円の粗利を出した場合、歩合給として月51万円お支払いします。
休日・休暇 土曜・日曜、祝日、夏季、年末年始など

例のような求人は「雇用契約」の契約形態です。
業務委託や業務請負は以下のことを指定してはいけません。
指定した時点で「雇用契約」に変わることがあります。

  • 勤務地を指定
  • 勤務時間を指定
  • 時給や日給制
  • 仕事を断れない
  • 仕事の進め方など強く指揮監督される
  • 機械・器具などの負担を会社側がしている
  • 報酬の額が一般従業員と同一
  • 独占契約(他企業との契約を禁止など)
  • 就業規則・服務規律の適用
  • 給与所得として源泉徴収
  • 退職金制度、福利厚生制度の適用

以上のような内容を把握しておくことは、経営者ならば常識なのですが、堂々と転職サイトなどに違反求人が掲載されています。
求人サイトで紹介されている時点で合法化しているのでしょうか…?

 

 

契約者を被雇用者化する会社

契約者を被雇用者化する会社

会社にとって業務委託や業務請負の都合のいいことろは、保険や年金などの人件費が一切かからないところです。
なので、給料も完全歩合制などと金銭が関わるところだけはきっちりと法律に則っています。

一方、会社にとっての不都合は、おもに勤務時間・休日や勤務地、業務遂行の指揮や仕事の許諾に関する拘束力がないことです。
そのため、その部分は目をつぶって求人には何食わぬ顔でこれらの条件を指定してくる会社があるのです。

 

 

業務委託や業務請負は被雇用者ではなく契約を交わした「取引先」である

例えば、以下のようなメールが送信されてきました。

——————————–
お引き受けいただきましたら、今回の依頼ではご対応分をお支払いいたします。
全ての納品を確認いたしましたら、
DB(システム)より発注メールを送信させていただきます。
——————————–

わたしには「この仕事したら俺が報酬払ってあげる」という意味合いに思え、
あんたから報酬もらってないでしょうが!
あんたの会社の発注メールのシステムなんかこっちには関係ないがな!と思ってしまいました。

仮にわたしの被害妄想としても、会社同士の契約で、“発注側の社員”“受注側の社長”に馬にニンジンをちらつかせるような文面を送るでしょうか。
おそらく会社同士のやり取りであれば、あまりない事例かと思われます。
あそこの社員はビジネスマナーがなってない、ということは会社が社員教育していないんだな、ということになります。

ところが、“発注側が会社”“受注側が個人”となるとまるで自分の部下ができたかのような態度で接してくる会社が意外と多いのです。

次のブログでも同じようなことが書かれていました。

何を勘違いしてるのか知りませんが、長いこと在籍してる社員が特に親しくもないのにいきなりタメ口や名前を呼び捨てしてくること

多分、業務委託契約という意味をわかってないんでしょうね

業務委託は下によく見られがちですが、本来は「会社と同じ立場」なんです
下も上もないんです。言わば、取引先なようなもんです

それなのに中にはいきなりタメ口で命令してくる人もいますからね
出典:業務委託を正社員のように扱う会社が多すぎる件

 

 

業務委託や業務請負の立ち位置について、お分かりいただけたでしょうか。
もし、アウトソーシング業務をしている人が、外注に仕事の進め方にあれこれ口出ししたり、仕事を断らせないようにしているならば、法律違反ということになります。
知らなかったではすみません。

そして、一社員からお金をもらっているわけではないですし、会社と個人でも対等な立場で契約を交わしています。

そのあたりの線引きは、社会人ならば経営者でも労働者でも把握しておいてほしいものです。

 

関連記事→フリーランサーになる心構え10条 前編
     フリーランサーになる心構え10条 後編
     フリーランスが契約で注意するべきこと12条 契約前
     フリーランス活動で注意するべきこと12条 契約後
     ブラック企業の見分け方 求人広告編

 

参考:https://www.vbest.jp/roudoumondai/field/14.php