振替休日と代休の違い

振替休日と代休の違い

あなたの会社で使われるのは振替休日ですか?それとも代休ですか?
もし代休を採用している会社は、あなたに賃金を支払っていますか?

今回は、振替休日と代休の違いについてお話します。

 

 

振替休日と代休の定義

まず、厚生労働省によれば、以下のような定義になります。

 「休日の振り替え」とは、予め休日と定められていた日を労働日とし、そのかわりに他の労働日を休日とすることを言います。これにより、予め休日と定められた日が「労働日」となり、そのかわりとして振り替えられた日が「休日」となります。従って、もともとの休日に労働させた日については「休日労働」とはならず、休日労働に対する割増賃金の支払義務も発生しません。
 一方、いわゆる「代休」とは、休日労働が行われた場合に、その代償として以後の特定の労働日を休みとするものであって、前もって休日を振り替えたことにはなりません。従って、休日労働分の割増賃金を支払う必要があります。

休日の振り替えの記述では、単に休日を労働日にし、労働日を休日に振り返ることで休日出勤手当を支払わなくて良いという解釈になりますね。

しかし、代休の記述で“前もって休日を振り替えたことにはなりません。”とあります。
ここで初めて、休日の振り替えは事前に出勤日と休日を指定しておかなければならないのかという疑問が出てきます。

ちょっと分かりにくい文章ではありませんか?
わたしに読解力がないだけかもしれませんが、例えば大学生や新入社員などにこの文章を読ませて誤解なく理解できるのか?と疑問に思いました。

もっと分かりやすく解説している社会保険労務士事務所のホームページによるとそれぞれの定義はこうなります。

振替休日とは、休日労働する日の前日までに、振り替えるべき日を指定して、対象となる従業員に伝え、休日と労働日を入れ替えることです。(事後に伝えた場合は、振替休日とはなりませんので注意してください。)
(中略)
代休とは、休日労働した従業員に対して、休日労働した後に、日を指定して、代わりの休日を与えることです。
出典:振替休日の活用(振替休日と代休との違い) – 久志田社会保険労務士事務所

つまり、賃金換算にすると圧倒的に「代休」の方が社員に有利なのです。

 

 

振替休日と代休の金額具体例

金額計算

まず、法定休日の場合は35%、法定外休日の場合は25%と割増率が違ってきます。
法定休日とは、労働基準法第35条で定められている週1回の休日、または4週間で4日以上の休日のことです。
法定外休日とは、35条で定められている休日数以上の休日のことです。

では、具体的な計算をしていきましょう。

①「法定休日」に「振替休日」を取得した具体例
時間あたりの賃金が1,000円で8時間の休日労働
1,000円×8時間=8,000円

②「法定休日」に「代休」を取得した具体例
時間あたりの賃金が1,000円で8時間の休日労働
1,000円×8時間×1.35=10,800

同じ時間働いて①②の差額は②が2,800円多く支払われることになります。

 

 

 

 

振替休日と代休の違いを知らなかったという人、いかがでしたか?
あなたの会社はきちんと労働基準法通り賃金を支払っていますか?

経験談ですが、わたしが新卒で入社した会社は「代休じゃなくて振休だから」ときつめに釘を刺していました。

しかし、「今度の土日は振休で」と事前に要請は来るものの、振り返る休日をあらかじめ指定はされませんでした。
なので、忙しいといつまでも振替休日の消化ができないということになっていました。
今思うと代休だったのではないかと思います。

おそらく会社員の人は過去のわたしのように、この違いがはっきり分かっていない人も多いのではないでしょうか。

この機会に、就業規則と労働基準法を一度見直してみてもいいかもしれませんよ。
法律のことを会社に任せるのではなく、社員も知っていくことでより良い環境に持っていけるのではないでしょうか。

ふじもとkでした!