仕事でミスが多い原因11条

2018年11月11日

仕事でミスが多い原因

昔からなぜかミスが多くいつも怒られていませんか?
それとも、怒られるのは上司が自分を目の敵にしているだけで、自分は悪くない、なんて思っていませんか?

ミスが多いのは、ミスが少ない人に比べて認識、手順、能力、知識などの様々な要素が足りない場合であったり、または単純な能力不足だけではない場合があります。
今回は、仕事でミスが多い原因を紹介していきます。

※この記事は2016年7月10日に掲載した記事を加筆・修正しました。

 

 

確認や見直しをしない

資料作成、データ入力、メールなど他社に出さなければならない文書はありますよね。
他社に提出するものは、一般的に社内用の文書より間違いや情報不足を失礼とし、提出前に確認するはずです。

ところが、ミスの多い人は社内用でも社外用でも、確認を取らなかったり見直しをしないか、しても不十分な傾向にあります。

 

関連記事→名刺入力、会社情報入力を早くするコツ

 

なぜ間違ったか分かっていない

ミスをした際にミスの少ない人ならば、何が原因で間違ったかという自己分析をします。

ミスが多い人は、「誰だって間違える」「ミスは自分のせいじゃない」などと自分のこととして深く考えないので、原因も追及しません。

 

 

反省しない

反省しない
自分のミスで先方に迷惑をかけたとしても、当事者意識が薄いため「自分のせいで迷惑をかけた」という罪悪感があまりないと思われます。

上司から注意されても何故そこまで言われているのかも、実感がないのでしょう。
そのため、自分の行動を振り返って反省することがないのです。

 

 

一度ミスしたことの学習をしない

「こんな方法で作業するのはやめよう」というように反省することで、よりいい方法で仕事ができるようになります。

しかし、ミスの多い人は間違いの数が多いので覚えきれないことが予想されますが、これも対策があります。
例えば、ミスをした内容をメモして反省点や解決策を書いておくと、次回同じ案件が来た時に同じところは間違えずに済みます。

ところが、ミスの多い人は次に同じところを間違えるまで、そのことを忘れていることが多いのです。

 

 

アドバイスなどが受け入れられない

ミスが重なると、当然ながら上司から注意を受けます。
上司はミスを防ぐ手順や方法を例に出しながら叱責しますが、聞いているのか聞く気がないのかその通りにしません。

以前働いていた会社にミスの多いリーダーがおり、何人もの役職付に毎日怒鳴られていました。
それでも行動や態度を改めないので、受け入れられないんだなと思いました。

 

 

自分の中で整理整頓できていない

整理整頓できていない
メモや資料、パソコンのファイルなど物理的な整理整頓もですが、何より頭の中がごちゃごちゃして必要な情報がすぐに出て来ないのでしょう。

メモをしなくても覚えられる人は、記憶の整理はできているでしょうし、覚えられなくてもメモなどの外部情報が整理されて、すぐに取り出せれば問題はありません。

どっちもできていないからミスに繋がるのです。

 

関連記事→メモを取らない人、メモを取っても見ない人の理由
     メモを取らない人、メモを取っても見ない人の対策方法

 

先を読んで行動できない

仕事において、こうするとどうなるか、この作業の後の工程はどうなっているかなど先を読んで行動することは必要不可欠です。

行き当たりばったりで仕事をして、うまくいくケースはほとんどないことを知ってください。

まずは、計画→行動→反省を仲間と相談しながらするようにしましょう。

 

関連記事→配慮ができる人の特徴
     気が利かない人の8つの特徴

 

仕事の段取りが悪い

先を読んで行動できないので、段取りが悪くなるのです。
いくつか仕事がある中で、メールでの返答待ちなど空き時間が必要なものを一番後にしてしまい、返事が来るまで待っていて残業となったことはありませんか。

先方の確認待ちや自動化している仕事など、自分が全て手作業しなくてもいい仕事は先に仕掛けておき、待ち時間で手作業の仕事を進めるようにしましょう。

 

 

独断して突っ走る

間違いが多い人は誰にも相談せずに独断することが多い傾向にあります。

誰にも相談しないから、プランがまずくても止められずそのまま自爆していまうのです。

関連記事→詰めの甘さを治す6つの方法

 

 

ミス部分以外の仕事もずさん

一番最初の確認や見直しすらしない人ですから、他の仕事が丁寧なわけがありません。
他もやっつけ仕事が多いです。

能力不足というより責任感がないとしか言いようがありません。
このような人は、社内の士気を下げます。

 

関連記事→仕事ができない人の13の特徴まとめ

 

ADHD(多動性障害・注意欠陥障害)の可能性

ADHD(多動性障害・注意欠陥障害)は、年齢や発達に釣り合わない注意力、衝動性、多動性で社会的な活動などで支障をきたすことを言います。
ADHDの具体的な症状は次の通りです。

  • 貧乏ゆすりなど、目的のない動きで落ち着かない
  • 思ったことをすぐに口にしてしまう
  • 周りに相談せずに、独断で重要なことを決めてしまう
  • 仕事などでケアレスミスが多い
  • 忘れ物、なくし物が多い
  • 時間管理が苦手
  • 仕事を順序だてて行うことが苦手
  • 片付けるのが苦手
  • 人の話を集中して聞けない

出典:大人のADHDかも?人の話が理解できない人の7つ可能性

仕事のケアレスミス以外に、子どものころからこのような症状がある場合は、診断を受けてみた方がいいかもしれません。

 

誰でもミスはしますが、ミスを繰り返す人はご紹介したような原因がありえます。
良くも悪くも楽観的な人か、脳に問題を抱えている場合があります。

もしあなたに自覚がなくても、ミスが多いと同僚や上司から言われたことがあるなら、認めたくないとは思いますが、客観的にこれらの要素がないか見つめなおすことをお勧めします。

また、周りの人がミスを繰り返す人だったら、教えてあげてください。

関連記事→ネガティブは記憶力やクリエイティブに優れている?!